MINI クロスオーバー など、ディーゼル車でエンジン停止のおそれ タイミングチェーン交換へ

MINIクロスオーバー クーパーSD(2014年)
MINIクロスオーバー クーパーSD(2014年)全 3 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は1月18日、MINI『クロスオーバー』および『ペースマン』のディーゼルエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「MINIクーパーD クロスオーバー」「MINIクーパーD クロスオーバー オール4」「MINIクーパーSD クロスオーバー」「MINIクーパーD ペースマン」の4機種で、2014年7月1日~2015年5月29日に製造された4945台。

対象車両は直列4気筒ディーゼルエンジンにて、タイミングチェーンの素材と表面加工の選定が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、エンジン作動中にタイミングチェーンが破断し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、タイミングチェーンを対策品に交換する。

改善箇所改善箇所

不具合は48件発生、事故は起きていない。日本市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ