GM、元スズキとのカナダ合弁を大規模EV工場に転換へ

GMの新事業「BrightDrop」の新型商用EV『EV600』
GMの新事業「BrightDrop」の新型商用EV『EV600』全 3 枚写真をすべて見る

GMは1月15日、カナダのCAMI(カミ・オートモーティブ・インク)に約8億ドルを投資し、カナダ初の大規模な量産商用EV工場に転換すると発表した。

CAMIは1986年10月、スズキとGMカナダの折半出資で設立された。1989年4月に生産を開始して以来、主に北米市場向けの乗用車、トラックをスズキとGMの販売網に供給してきた。

GMの子会社のGMカナダは2009年、スズキとの合弁工場のCAMIを完全子会社化すると発表した。長年の提携関係にあるスズキが保有するCAMIの全株式を買収することにより、GMはCAMIを子会社化している。

GMは今回、CAMIに約8億ドルを投資し、カナダ初の大規模な量産商用EV工場に転換すると発表した。同工場では現在、シボレーブランドのSUV『エクイノックス』を生産している。今後2年間で同工場を改修し、GMが立ち上げた新事業、「BrightDrop」の商用EV『EV600』を生産する。

BrightDropは主に配送業者を対象に、ラストマイルまで電気駆動する製品とサービスを提供することを目指している。

《森脇稔》

ピックアップ