VW ゴルフ、従来型の米国向け生産を終了…新型は「GTI」と「R」のみを導入へ

フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型
フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型全 14 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは1月20日、米国市場向けの『ゴルフ』(Volkswagen Golf)の生産を終了した、と発表した。

ゴルフは1974年12月、米国市場で発売された。以来、約250万台のゴルフファミリーモデルが、米国市場で販売されてきた。このゴルフの米国市場向けモデルが1月、メキシコ・プエブラ工場での生産を終了している。

2022年モデルとして米国市場に導入される予定の新型は、米国では『ゴルフGTI』と『ゴルフR』の高性能モデルのみになる。

欧州向けの新型ゴルフGTIには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は245ps、最大トルクは37.7kgmを獲得する。欧州仕様のトランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DSG」が選択できる。駆動方式はFFで、電子ディファレンシャルロックの「XDS」が装備されている。スポーツサスペンションによって、車高は15mm低められた。

フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型

また、欧州向けの新型ゴルフRには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを専用チューンして搭載する。シリンダーヘッドにターボチャージャーへの水冷排気ガスルートが組み込まれたほか、デュアルカムシャフト調整機能付きの可変バルブタイミングなど、新しいテクノロジーを採用した。この結果、最大出力は320ps、最大トルクは42.8kgmを獲得する。従来型ゴルフR(欧州仕様)の最大出力310ps、最大トルク40.8kgmに対して、パワーは10ps、トルクは2kgm強化された。

フォルクスワーゲンは、従来型ゴルフは米国で販売される最後のベースハッチになるが、新型は「GTI」と「R」がゴルフの伝統を引き継ぐ、としている。

フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ