最高270km/hの超高速ワゴン『ゴルフRヴァリアント』次期型、最新プロトタイプを目撃

VW ゴルフR ヴァリアント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
VW ゴルフR ヴァリアント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 23 枚写真をすべて見る

VWが誇る超高速ワゴン、『ゴルフRヴァリアント』の最新プロトタイプをカメラが捉えた。2020年11月に登場したハッチバックに続いてヴァリアントも新型にバトンタッチする。

厳冬のスカンジナビアでキャッチした車両は、テールゲートのVWロゴの下に取り付けられる「R」バッジを除き、カモフラージュは一切ないフルヌード状態だ。

グリル横の大型エアインテーク、大径ホイール、ブルーのブレーキキャリパー、より強力なブレーキ、サイドミラー前部のストレークなどが確認できるほか、オプションのアクラポビッチ排気システムを備えるクワッドエキゾーストパイプがインサートされている。

VW ゴルフR ヴァリアント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)VW ゴルフR ヴァリアント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
パワートレインは、ゴルフRと共有する2.0リットル直列4気筒TSIターボチャージャーを搭載。最高出力は315ps、最大トルク420Nmを発揮、全輪駆動「4モーション」とデュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる。

0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は250km/hだが、オプションの「R-Performance Package」をセレクトすることで270km/hまで引き上げられる。出力の向上はわずかだが、ニュルブルクリンクで20秒近くラップタイムを短縮させているのも見逃せない。

ゴルフRヴァリアント新型のデビュー時期は不明だが、今後数か月以内と予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ