国交省、ETC2.0 特定プローブデータの配信事業者を募集

ETC2.0車両運行管理支援サービスの概要
ETC2.0車両運行管理支援サービスの概要全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は1月22日、車両運行管理を支援するためのETC2.0特定プローブデータの配信事業者を公募すると発表した。

国土交通省では、車両の運行を管理する事業者に、ETC2.0車載器から収集した特定車両の走行位置やブレーキなどの情報を提供することで、運行管理の効率化、ドライバーの安全を確保する取り組みを行う配信事業を2018年8月から実施している。

事業ではETC2.0 を搭載した特定の車両の走行位置や急ブレーキなどの特定プローブデータを抽出し、配信事業者に提供する。配信事業者は、特定プローブデータを加工・表示するサービス事業者に配信し、物流事業者の車両運行管理部門で活用してもらう。

今回、2021年度から2022年度までの間、ETC2.0車両運行管理支援サービス事業に協力してデータを配信する事業者を募集する。

公募期間は1月22日から2月12日まで。

《レスポンス編集部》

ピックアップ