マセラティ『MC20』、「最も美しいスーパーカー2021」に輝く

マセラティ MC20
マセラティ MC20全 12 枚写真をすべて見る

マセラティは1月26日、新型スーパーカーの『MC20』(Maserati MC20)が、「最も美しいスーパーカー2021」賞を受賞した、と発表した。

MC20の「MC」とは、マセラティ・コルセ=マセラティ・レーシングを意味する。「20」は2020年を指し、マセラティの歴史の新しい始まりを意味している。MC20は、2004年に発表された『MC12』に続くマセラティのスーパーカーとなる。

マセラティMC20のミッドシップには、新開発の3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。「ネットゥーノ(Nettuno)」と命名された新エンジンは、マセラティが自社開発し、イタリアのモデナ工場で組み立てられる。

新しいパワーユニットは、バンク角90度のV6アーキテクチャーを基本として、ツインターボとドライサンプ潤滑システムを採用した。3.0リットルの排気量から、最大出力630ps/7500rpm、最大トルク74.4kgm/3000~5500rpmを引き出す。

レブリミットは8000rpmで、リッターあたりの出力は210psだ。圧縮比は11:1、ボア×ストロークは88×82mmとした。新たな「メイド・イン・モデナ」エンジンは、伝統的な90度V6レイアウトを基本としながら、これまでに例のないレベルのパワーとトルクを実現しているという。MC20の動力性能は、0~100km/h加速2.9秒以下、最高速325km/h以上だ。

このMC20が、フランス・パリからデジタル開催された「第36回国際自動車フェスティバル」において、最も美しいスーパーカー2021賞を受賞した。MC20 のデザイン面での最大の特長が、マセラティ初の独自のバタフライドアを採用していること。また、マセラティで初めての縦型ヘッドライトも採用するなど、デザインの新しい方向性が評価された形となった。

《森脇稔》

ピックアップ