アースカーと東日本三菱自動車販売、カーシェアリング事業で業務提携

アースカーと東日本三菱自動車販売がカーシェアリング事業で業務提携
アースカーと東日本三菱自動車販売がカーシェアリング事業で業務提携全 1 枚

カーシェアリングプラットフォームを運営するアースカーは2月2日、東日本三菱自動車販売とカーシェアリング事業で業務提携したと発表した。

アースカーは業界初のフランチャイズ制によるカーシェアリングサービス「earthcar」の運営会社として2009年に設立。2017年には駐車場シェアリングサービス「特P(とくぴー)」をオープンし、現在、モビリティ領域において2つのシェアリングサービスを展開している。

東日本三菱自動車販売は、1都8県に広がるネットワークを持つ日本最大規模のメーカー直営三菱自動車ディーラー。新車・中古車併売店舗94店舗(うち電動ドライブステーション28店舗)、中古車販売専門店舗9店舗、くるまネット2店舗を運営している。

今回、自動車市場が所有からシェアへと変わりつつある動向を受けて、東日本三菱自動車販売はearthcarプラットフォームを採用し、シェアリングサービスをパイロット事業として開始する。

アースカーのカーシェアリングプラットフォームを利用することで「無人での貸し出し」ができるようになり、ユーザーはカーシェアを24時間365日利用可能になる。また貸し渡し契約の対面手続きや返却時のユーザー対応も不要。カーシェアリングサービスに必要な車載機やドアの開閉が可能なスマホのキーアプリ、予約システム、24時間365日対応のコールセンターなどもアースカーがワンストップで提供する。

今後、両社は、自動車販売事業の売上増加ができる機能をプラットフォームに構築していく。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  2. 【ノア vs ステップワゴン】スペック比較…人気ミニバンのガソリンモデル
  3. ヒョンデの高級車ブランド「ジェネシス」が新型SUVクーペを今夏米国発売へ…『GV80クーペ』
  4. BMW『X3』新型、欧州で発表…新デザイン言語採用の4代目
  5. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
  6. ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
  7. いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
  8. 日産『Z』に2024年型、専用ノーズの「Zヘリテージエディション」設定…米国限定
  9. 【BMW 320d ツーリング 新型試乗】10年経っても一線級、乗用ディーゼルが生き残る術はないのか?…中村孝仁
  10. フォルクスワーゲン「R」、新型車を6月26日発表へ…『ゴルフR』 改良新型か
ランキングをもっと見る