レクサスの新EVコンセプトカー、ティザーイメージ公開 今春発表予定

2025年に電動車を全車に設定する電動化ビジョン

新開発の電動4WD「DIRECT4」搭載

次世代レクサスの始まりを示す1台に

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ
レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ全 7 枚写真をすべて見る

レクサス(Lexus)の欧州部門は2月1日、2021年第1四半期(1~3月)に発表予定の新型EVコンセプトカーに関して、新たなティザーイメージを公開した。

2025年に電動車を全車に設定する電動化ビジョン

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージレクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ

レクサスは2019年10月、東京モーターショー2019において、将来の電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表した。コンセプトカーの『LF30 Electrified』とともに、電動化技術を用いて車両の基本性能を進化させ、自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においても、自動車がもたらす楽しさや喜びを提供し続けることや、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHV)、フルEV、燃料電池車など、世界各地のニーズやインフラ環境に応じて、電動車のラインナップ拡大を目指している。

2019年11月には、レクサス初の市販EVの『UX300e』を発表し、欧州、中国、日本などで販売を開始した。さらに2025年には、全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目標に掲げている。

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージレクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ

新開発の電動4WD「DIRECT4」搭載

この電動化ビジョン「Lexus Electrified」の一環として、2021年第1四半期(1~3月)に発表予定の新型EVコンセプトカーには、レクサスの次世代のEVやハイブリッド車向けテクノロジー、「DIRECT4」を搭載する。DIRECT4は、レクサスのドライビングシグネチャーを実現するための中核となる電動テクノロジーになるという。

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージレクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ

DIRECT4は、ハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸として、パワートレイン、ステアリング、サスペンション、ブレーキなどを統合的に制御する。これにより、走行シーンに応じた駆動力コントロールを行う新技術となる。4輪すべてに瞬時にモーターのパワーを伝達し、このパワーを駆動力に変えて、走行条件とドライバーの意図に応じて瞬時の動作を可能にすると自負する。

DIRECT4は、前後の電気モーターからの駆動トルクと4輪すべてへのブレーキ力の伝達を正確にコントロールする。前輪駆動と後輪駆動のバランスを自動的に調整することで、ドライバーの意図に合わせた運転感覚を実現するシステムだ。このシステムは、最適な駆動力配分に重点を置いており、高トルクの電気モーターとトランスアクスルを備えた「eアクスル」をフロントとリアにレイアウトする。モーターは1本のドライブシャフトで直接車輪に接続されているため、タイムラグなしに作動するという。

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージレクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ

次世代レクサスの始まりを示す1台に

レクサスによると、DIRECT4は直感的でレスポンスが高く、ドライバーに車両と完全に接続されているリアルな感覚を伝える。さらに、パワフルかつ直線的な加速と爽快なコーナリングを可能にしているという。同時に、DIRECT4は、レクサスのDNAに忠実な静粛性と快適性を重視して、設計されている。

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージレクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ

DIRECT4の開発において、レクサスは電動車両技術における経験やノウハウを活用した。この専門知識が、次世代の「レクサスドライビングシグネチャー」の開発をサポートする。レクサスドライビングシグネチャーは、レクサス独自の乗り味を指し、ドライバーに自然なドライビングフィール、車両との一体感、自信から生まれる真の快適さなどを提供することを目的としている。レクサスは、次世代のレクサスドライビングシグネチャーによって、次世代車両のダイナミックなパフォーマンスを定義するという。

レクサスは、このDIRECT4を搭載する新型EVコンセプトカーを2021年第1四半期(1~3月)、初公開する予定だ。このEVコンセプトカーの新たなティザーイメージからは、同車の未来的なリアスタイルが確認できる。

レクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージレクサスの新EVコンセプトカーのティザーイメージ

レクサスの佐藤 恒治プレジデントは、「2021年、顧客の多様なライフスタイルを、より充実したものにすることを目指して、新たな一歩を踏み出す。2021年春、新しいブランドビジョンと新しいコンセプトカーを発表する。これは、次世代レクサスの始まりを示す1台になる」と述べている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  3. スポーツツアラーらしからぬ先鋭デザイン、スズキ『GSX-S1000GT』発表…クルコンなど最新装備満載
  4. アクセサリソケットにすっぽり収まる超小型カーチャージャー3種発売…サンワサプライ
  5. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  6. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  7. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  8. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  9. 北米カーオブザイヤー2022、日本車はホンダ シビック 新型…第2次選考8車種
  10. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
ランキングをもっと見る