BRZとは違う!トヨタ 86 新型のデザインはこうなる…気になる発表時期は

トヨタ 86 新型はどうなる?BRZとの違いは?
トヨタ 86 新型はどうなる?BRZとの違いは?全 6 枚写真をすべて見る

発表が近づくスバルの新型『BRZ』。言わずと知れたトヨタとの共同開発で誕生したFRスポーツだが、兄弟車のトヨタ『86』はどうなるのか?BRZとは何が違うのか?「Spyder7」スクープ班が入手した新情報を元に、発表時期、その姿に迫る。

初代となる現行型86は、トヨタとしては「スポーツ800」(ヨタハチ)以来の水平対向エンジン搭載モデルとして2012年にデビュー。BRZの刷新とともに、満を持して9年振りのフルモデルチェンジが行われる。

トヨタ 86 新型 予想CGトヨタ 86 新型 予想CG
新型BRZと86は、従来と同様にデザイン・意匠の差別化が図られる。新型86は、『GRヤリス』を彷彿させるフロントエンドが大きな特徴となる。拡大したスクエア基調のメッシュフロントグリル、パンパー左右のL字型トリムや、よりタイトなコーナーエアインテークなどでBRZと差別化。

またサイドではアンダースカートに立体感がもたされる専用デザインも予想される。ホイールベースなどのボディサイズに変更はないとみられ、ショートデッキシルエットもそのままだ。

現行型パワートレインは、2.0リットル水平対向4気筒エンジンを搭載していたが、新型では2.4リットルへ拡大。最高出力は230ps、最大トルク250Nmへ向上する。またトランスミッションは6速MT、または6速ATギアボックスと組み合わされ、より素早いレスポンス、一気に吹けあがる強力な加速力が期待できそうだ。

気になるワールドプレミアだが、最速で2021年5月、遅れれば秋頃となる可能性もある。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ