BMW X6 第3世代が早くも大幅改良へ!デュアル湾曲スクリーン初搭載

BMW X6 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X6 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 12 枚

BMWのSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)、『X6』改良新型を初スクープ!同時にその内部も激写することに成功した。

X6は2019年に第3世代となる現行型を発売、2年も経過していないが早くも改良新型に着手しているようだ。

捉えたプロトタイプは、開発の初期段階のため、ヘッドライトなど、ほぼすべてが市販型コンポーネントを隠すプレースホルダー(仮のパーツ)に覆われている。前後バンパーをはじめグリルやLEDテールライトなどが刷新されるだろう。

BMW X6 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X6 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
注目は様々な変更がみられるコックピットだ。そこには「iX」にインスパイアされた2つのワイドな湾曲ディスプレイが見てとれる。1つは14.9インチのインフォテイメントシステム用で、もう1つは12.3インチのデジタルインストルメントクラスタであることがわかる。おそらく、HVACコントロールをセンタースクリーンに統合されるはずだ。他では、ギアシフターとパークボタンが置き換えられている様子がうかがえる。

パワートレインは、最高出力265psを発揮する3.0リットルV型6気筒ディーゼルターボエンジンをはじめ、最高出力530ps、最大トルク750Nmを発揮する強力な4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンなどがキャリオーバーされる見込みだ。

X6改良新型の市場投入は、早くとも2022年と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. 【SEMA SHOW 2021】 “トーヨータイヤ イチバン!” 北米市場で圧倒的な支持率を誇るTOYO TIRESに大注目PR
  4. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  5. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  6. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  7. マツダ CXシリーズの長男、『CX-9』に2022年型…全車2.5ターボ+AWDに
  8. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  9. ホンダの新オフロード仕様、「トレイルスポーツ」…第一弾『パスポート』は今冬米国発売へ
  10. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
ランキングをもっと見る