スズキ バーグマン200、ABSを標準化 3月16日より発売

スズキ バーグマン200 ABS
スズキ バーグマン200 ABS全 6 枚写真をすべて見る

スズキは、軽二輪スクーター『バーグマン200』をABS仕様とし、3月16日より販売を開始する。

バーグマン200は、軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載。多機能メーターの採用や大容量のシート下収納、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高など、快適性と機能性を追求している。

今回のABS仕様化は、2018年10月から実施されている二輪車ABS義務化に伴うもの。前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐ。

車体色はマット青(マットステラブルーメタリック)、黒(ニュータイタンブラック)、白(ブリリアントホワイト)の3色を設定。価格は57万1340円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ