スバル専用DIATONEスピーカー『SR-G400』の真髄に迫る!!

SUBARU車専用スピーカー『DIATONE・SR-G400』。
SUBARU車専用スピーカー『DIATONE・SR-G400』。全 6 枚写真をすべて見る

熱いファンに支持されている人気ブランドSUBARU。そのオプションスピーカーのラインナップにこの度、進化したDIATONEスピーカー『SR-G400』が新たに名を連ねた。さて、これはどのようなサウンドを聴かせてくれるスピーカーなのか…。魅力の真髄をリポートする。

『SR-G400』は、楽曲の感動力をダイレクトにリスナーに伝えられるスピーカー!

SUBARU車には、各車種ごとでナビやスピーカーのオプション品がさまざま用意されている。その中にあってこのDIATONEの新スピーカー『SR-G400』は、インプレッサ、SUBARU XV、フォレスター、これら3車種に対応するニューモデルだ。価格は、フロントスピーカーが10万3500円(税抜)、リアスピーカーが6万4500円(税抜)となっている。

なお、これら3車種にはもう1つのDIATONEスピーカーもオプション設定されている。機種名は『SR-GS100』で、価格はフロントスピーカーが3万5000円(税抜)、そしてリアスピーカーが2万5000円(税抜)だ。つまり『SR-G400』の方が、相当にハイグレードだ。SUBARU車用の他のオプションスピーカーと比べても、『SR-G400』は上級機という位置付けだ。

さて、この『SR-G400』を愛車に装着するとどのような音が聴けるのかと言うと…。カタログを見ると、次のようなキャッチフレーズが記されている。「カラダに感じる、心に響くサウンドで、走る歓びのギアを上げる!」。

このフレーズの意味するところを読み解くならば、以下のようなことになるだろう。高性能なスピーカーで音楽を聴くとリスナーは、その良さを理屈で理解するよりも前に、鳥肌が立ったり胸が熱くなったりと、体と心で反応する。流す曲がリズミックであれば体がリズムに乗って動き出し、切ない曲であれば胸が締めつけられるような気持ちにもなる。つまり、スピーカーは高性能であればあるほど人の心を打つ力が増大し、曲の世界に引き込む力も強くなる。

『SR-G400』はまさしく、そのような能力が高く備わったスピーカーなのである。「音楽の説得力や感動力をダイレクトにリスナーに伝えられるスピーカー」、というわけなのだ。

リスナーの胸を揺さぶることのできるスピーカー。さてそうである理由とは…。

続いては、『SR-G400』がリスナーの心を揺さぶることのできるスピーカーであるその理由を分析していく。DIATONEはカタログ上で、当機の性能を指し示す下のようなグラフを公開している。

『SR-G400』と純正スピーカーとの性能比較。

このグラフでは、スピーカーに求められるさまざまな性能を『SR-G400』がどれくらいのレベルで有しているのかが、純正スピーカーとの比較で明らかにされている。

各項目の意味するところを、時計回りに解説していこう。まずは12時のところに記されている「高音のクリアさ」から。品質が高いスピーカーは、高音から低音までの再生レンジが幅広く、かつ高音も低音もクオリティ高く再生する。なお高音は、“クリア”であるかどうかがそのバロメーターとなる。純正スピーカーがこの点において6ポイント程度の実力だとすると、それに対して『SR-G400』はほぼ満点に近い性能を発揮する。

低音については、“分解能”が求められる。もやっとしたこもった低音ではなく、各楽器の音をくっきりと描き出せるかどうかが問題となるのだ。例えばウッドベースであれば、優秀なスピーカーでなら低い音域の音階までもしっかりと聴き取れる。『SR-G400』はこれについても申し分のない性能を指し示す。

次の「歪感」とは、原音(もともとの音)を忠実に再現できるか否かを表す要素だとイメージしてほしい。『SR-G400』は、録音されたままの音を、歪ませることなく、ノイズを混ぜることもなく正しく再生してくれる。

『SR-G400』は、コンサートホールで聴いているかのような臨場感も余すことなく再現可能!

そして「臨場感/余韻」とは、言い替えるならリアリティが高いかどうか、というファクターだ。「臨場感/余韻」を伝えられるスピーカーで音楽を聴くと、コンサートホールで聴いているかのようなリアルさや、各楽器の実在感、例えばボーカルであれば声の生々しさや艶やかさがしっかりと再生される。この点においても『SR-G400』と純正スピーカーとの実力差は明らかだ。

また「鮮明度/明瞭度」も、スピーカーに求められる重要な性能のうちの1つだ。この部分が優れていると、各楽器の音の分離感も高まり、全体的なクリアさや1音1音の粒立ちの良さが向上する。『SR-G400』はこれについても満点を与えられるだけの実力を有している。

あともう1つ、「情報量、楽器感」も楽曲を音楽性高く再現するのに欠かせない部分だ。というのも、楽器の音はさまざまな要素から成り立っている。例えばスネアドラムを木のスティックで叩いたとき、木とスネアヘッド(張られている皮)とがぶつかる音から胴の中で響く音、そして裏側に張られているスナッピー(スネアワイヤー)が響く音まで、いろいろな音が混ざりながらその楽器ならではの音色を紡ぎ出す。高性能なスピーカーなら、それら音色を形成するさまざまな情報を余すことなく(情報量豊かに)再現できる。『SR-G400』は、これについても高い能力を誇示する。

このように『SR-G400』は、スピーカーに必要な性能が満遍なく備えていてそしてそれぞれのレベルが高い。ゆえに『SR-G400』で音楽を聴くと、ドライブの高揚感もブーストされ、癒しが得らる瞬間にはリラックスして運転を楽しめる。すなわち「走る歓びのギアを上げる」ことが可能となるのだ。

超高級スピーカー『DS-SA1000』に使われているスペシャル素材「NCV-R」を採用!

次いでは、『SR-G400』がこのような性能を身に付けられている技術的な背景を説明していこう。ポイントはいくつかあるのだが、キーとなっているのはズバリ、「振動板素材がスペシャルであること」だ。当機に採用されているのは三菱電機が独自に開発した最先端素材、「NCV-R」だ。ちなみにこれは、DIATONEの車載用スピーカーの旗艦機『DS-SA1000』(税抜価格:67万円)にも使われているものだ(当機と『SR-G400』以外でこれが使われているスピーカーは今のところまだない)。

で、当素材の凄さのキモは、「スピーカーの振動板素材に求められる性質を高いレベルで持ち合わせていること」にある。

求められる性質とは「伝搬速度」と「固有音のなさ」だ。ただし、この2つは相反する特性だ。あちらを立てればこちらが立たなくなるいわゆる“トレードオフ”の関係にある。しかし「NCV-R」は、チタンやアルミニウムを凌ぐ高い「伝搬速度」を有し、同時に紙と同等の「固有音のなさ」の獲得にも成功している。

その上で当機には、細部にわたるまでDIATONEの開発陣の技術と経験が注入されている。例えば、ミッドウーファーのエッジ素材の圧縮密度が高められているので、高域の共振が抑制できさらには低音のハギレも良い。また、振動板の裏側やブラケットなど見えない部分にまで手間を掛け、不要な音を最大限に抑制している。

もしもこれからインプレッサ、SUBARU XV、フォレスターを購入しようと思っているのなら、またこれらのステアリングをすでに握っているのなら、『SR-G400』にぜひともご注目を。スピーカーにこれを使うことで、SUBARU車に乗り込むことが一層楽しみになるはずだ。導入する価値は、すこぶる高い。

SUBARU車専用DIATONEスピーカー『SR-G400』の、魅力の真髄に迫る!!

《太田祥三》

ピックアップ