日本最大級の新リゾート施設に直結、伊勢道 多気ヴィソンスマートICが4月29日開通

VISON(ヴィソン)
VISON(ヴィソン)全 2 枚写真をすべて見る

NEXCO中日本は、多気町、三重故郷創生プロジェクトと共同で整備を進めていた伊勢道 多気ヴィソンスマートインターチェンジ(IC)が4月29日15時に開通すると発表した。

多気ヴィソンスマートICは、2021年春に開業を予定している日本最大級の商業施設「VISON(ヴィソン)」に直結。伊勢道上り線(名古屋方面)出口から直接アクセスできるようになる。

ヴィソンは、約119ヘクタール(東京ディズニーランドの2倍)の敷地面積に商業施設、宿泊施設、温浴施設、産直市場などを備える大型リゾート施設。伊勢方面から年間約600万人の観光客を見込んでいる。勢和多気ICから西へわずか1.3kmの位置にありながら、アクセス性向上のため、スマートIC開設を国に申請していた。

スマートIC開設により、ヴィソンへのアクセスタイムは勢和多気ICからに比べ、約4分短縮。集客効果に期待が寄せられる。なお、多気ヴィソンスマートICは出口専用。帰路で高速を利用する場合は最寄りの勢和多気ICが入口となる。

多気ヴィソンスマートIC(位置図)多気ヴィソンスマートIC(位置図)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ