ハーレー初のアドベンチャーツーリング『パンアメリカ1250』予約受注開始…価格は231万円より

ハーレー パン アメリカ 1250
ハーレー パン アメリカ 1250全 22 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソンジャパンは、初のアドベンチャーツーリングモデル『パン アメリカ 1250』、『パン アメリカ 1250 スペシャル』の国内予約販売を2月24日より開始した。価格はパン アメリカ 1250が231万円より、同スペシャルが273万1300円より。

パワーユニットは、新開発の軽量水冷Vツイン「Revolution Max 1250」を搭載する。フロントフレーム、ミッドフレーム、テールセクションをパワートレインに直接固定することで、軽量化とともに剛性の高いシャシーを実現。オフロード走行に必要な俊敏なハンドリングを提供する。

6.8インチTFTタッチスクリーンは燃料や速度表示等に加え、走行モードの選択も可能。パフォーマンスあふれるライディングを実現する「スポーツモード」、日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レインモード」、未舗装路向けの「オフロードモード」、高難度オフロード向けの「オフロード+モード」に加え、自分好みにアレンジ可能な「カスタムモード」も登録できる。

ブレーキシステムはブレンボと共同開発。ラジアルモノブロック4ピストン(30mm)キャリパーは全体の重量を軽減しながら剛性を高めている。デュアルフロントブレーキローターは320mm径、シングルリアブレーキローターは280mm径。軽量化された新型フロントブレーキマスターシリンダーは、レバーのレスポンス調整も可能だ。

ハーレー パン アメリカ 1250ハーレー パン アメリカ 1250

上級モデルのパン アメリカ 1250 スペシャルは、電子制御式のセミアクティブフロント&リアサスペンションを標準装備する。センサーのデータを利用し、路面や走行状況に合わせて自動的に減衰力をコントロール。オンロードでの快適な乗り心地を維持しながら、オフロードでも優れたサポートを提供する。またシート高の自動調節機能「アダプティブライドハイト(ARH)」も標準装備。走行中の安定と停車時の快適な足つきを両立する。

両モデルは、2021年5月の北米を皮切りに順次各国へ出荷し、日本には7月頃より納車が可能となる見込みだ。

ハーレー パン アメリカ 1250ハーレー パン アメリカ 1250

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  10. パナソニック、カーナビステーション『ストラーダ』を一新…より高精細に、より高性能に
ランキングをもっと見る