ワールドカーオブザイヤー、EV賞を新設 2022年から

日産リーフ(欧州仕様)
日産リーフ(欧州仕様)全 12 枚写真をすべて見る

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2022ワールドカーオブザイヤー」から、新たな賞として、「ワールドEVオブザイヤー」を設けると発表した。

ワールドEVオブザイヤーは、電気自動車市場の世界的な拡大と、環境に配慮した自動車メーカーの取り組みを支援することを目的としている。

例えば、2020年の欧州市場における代替燃料車(EVやPHV、ハイブリッド車など)の販売台数は302万1762台で、前年比は70.5%増と大きく伸びた。総販売台数302万1762台の中で、EVとPHV(プラグインハイブリッド車)は136万4813台を販売し、前年に対して約2.4倍と好調だった。

このうち、EVは前年のおよそ2.1倍の74万5684台。PHVはおよそ3.1倍の61万9129台を売り上げた。2020年の欧州におけるEVとPHVの市場シェアは、10.5%。前年の3%に対して、7.5ポイント増加している。

ルノー・ゾエルノー・ゾエ

2022ワールドカーオブザイヤーは、2021年8月に米国で開催される予定のニューヨークモーターショー2021が始まりの場となる。ワールドEVオブザイヤーの新設について、EVの重要性と関心の高まりを受けて、ユーザーに信頼できる情報を提供することが最も重要、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ