スバル レヴォーグ 新型、電動ブレーキブースタ不具合で1万2000台をリコール

スバル・レヴォーグ新型
スバル・レヴォーグ新型全 3 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は3月5日、『レヴォーグ』の電動ブレーキブースタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2020年11月2日から2021年2月5日に製造された1万2094台。

対象車種は、電動ブレーキブースタの内部構成部品である回転角センサのマグネットのモータシャフトへの組付け位置が不適切なため、イグニッションオンにした際などに、ブレーキペダルのストローク値をソフトウエアが誤認識することがある。そのため、バッテリーが上がったり、クルーズコントロールがセットできずブレーキランプが点灯し続けたり、または警告灯が点灯してブレーキペダル踏力が重くなるおそれがある。

改善措置として、全車両、電動ブレーキブースタユニットのシリアル番号を確認し、該当するものは電動ブレーキブースタユニットを良品に交換する。

不具合は45件発生、物損事故も1件起きている。市場からの情報によりリコールを届け出た。

改善箇所改善箇所

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

スバル レヴォーグの燃費はこちら!

ピックアップ