カーナビに話しかけるだけで家電操作やメール送信…クラウドサービス「スマートアクセス」が進化

IFTTT 連携機能
IFTTT 連携機能全 1 枚写真をすべて見る

フォルシアクラリオン・エレクトロニクスは、独自のクラウド情報ネットワークサービス「スマートアクセス」が提供する自然対話型音声認識「インテリジェントボイス」に、3月17日よりIFTTT連携機能を追加した。

これにより、カーナビに話しかけるだけで、IFTTTに登録されているサービスを使って家電を操作したり、メッセンジャーアプリを使ってメールを送ったりすることができるようになる。

IFTTTは異なるプラットフォームやソーシャルメディアを連携させるWebサービス。「もし、これをしたら、あれをする」といった意味合いで、例えばあるツールで特定の動作をしたときに、別のツールで付随した動作を自動的に行う機能だ。

IFTTT連携機能の追加により、IFTTTサービスであらかじめ登録済みの文章をインテリジェントボイスに発話するだけで、事前に作成済みの各アプレット(プログラム)を実行できる。例えば出発時、車内でインテリジェントボイスを起動し「今から帰るとメールして」とカーナビゲーションに発話するだけで、家族にメールを送信できる。

IFTTTにはこの他、エアコンやロボット掃除機等の家電やガレージドアの操作等様々なサービスが登録されており、それらを組み合わせて自分でカスタマイズしたアプレットを作ることができる。

対応カーナビゲーション

・2019年モデル:NXV997D、NXV897D
・2018年モデル:NXV987D、MAX778W、NX718、MAX678W、NX618、NX618W
・2017年モデル:NXV977D、MAX777W、NX717、MAX677W、NX617、NX617W
・2016年モデル:MAX776W、NX716、MAX676W、NX616
・2015年モデル:MAX775W、NX715、MAX675W、NX615、NX615W

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ