“新ワーゲンバス”には脱着できるタブレット装備? 多角形ハンドルも激写

VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚写真をすべて見る

VWは新世代EVミニバン『ID.BUZZ』市販型を開発しているが、その最新のプロトタイプを捉えるとともに、その内部を初めて激写することに成功した。

ID.BUZZは、2017年のデトロイトモーターショーで初公開されたフルEVのミニバンだ。そのルックスは、Tシリーズの前身である『タイプ2』(通称ワーゲンバス)の再来とも呼ばれる、レトロチックなデザインが特徴となっている。同年8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、ID.BUZZの市販化を名言しており、その動向が注目されていた。

フォルクスワーゲン ID. BUZZ(コンセプトカー)フォルクスワーゲン ID. BUZZ(コンセプトカー)写真をすべて見る
コンセプトモデルでは、レトロなエクステリアに対し、キャビン内では道順情報を車の7~15m前方の道路にバーチャル技術で投影、センターコンソールには取り外し可能なタブレットを装備し、レストラン前を通るだけで新メニューなどの情報を提供してくれるなど最先端技術が盛り込まれていた。

今回カメラが捉えたプロトタイプの内部には、多角形ステアリングホイールを装備している様子が伺えるほか、コンパクトなディスプレイが搭載されていることがわかる。しかし、これが取り外し可能なタブレットかどうかは不明だ。

VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
EVパワーユニットは、48kWh~111kWhのバッテリーを搭載し、550km(342マイル)の航続を実現する。また150kWのモーターを積み、最大374psを発揮、0-100km/h加速は5秒、最高速度160km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを持つ。さらに市販型では、ルーフに最大15kmを延長できるソーラーパネルを装備するほか、4WDバージョンも噂されている。

ID.BUZZ市販型のワールドプレミアは最速で2022年、その後はカーゴバージョンの「ID.Cargo」が発売予定となっている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】“新ワーゲンバス”には脱着できるタブレット装備? 多角形ハンドルも激写(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  2. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  3. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  4. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  5. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  6. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  7. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  8. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  9. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る