【スズキ ハヤブサ 新型】4月7日発売決定、7年ぶりの国内導入 価格は215万6000円より

スズキ ハヤブサ(グラススパークルブラック・キャンディバーントゴールド)
スズキ ハヤブサ(グラススパークルブラック・キャンディバーントゴールド)全 9 枚写真をすべて見る

スズキは、フラッグシップメガスポーツ新型『Hayabusa(ハヤブサ)』を4月7日より全国の「ハヤブサ取扱店」で発売すると発表した。国内では7年ぶりの発売となる。

1999年に登場した初代ハヤブサ(GSX1300R Hayabusa)は最高速度312km/hという圧倒的な動力性能を誇り、当時の市販車最速モデルだったホンダ『CBR1100XXスーパーブラックバード』を凌駕。20世紀最速市販バイクとして人気を集めた。3代目となる新型ハヤブサは、13年ぶりの全面改良モデルとして、初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能をさらに進化させた。

パワーユニットは最高出力188ps/最大トルク149Nmを発生する1340cc直列4気筒エンジンを搭載。電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上させた。新搭載の電子制御システムS.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど5つの制御を設定パターンから選択できるSDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)を採用。街乗りからツーリング、サーキットまでの様々な走行シーンやユーザーの好み、技量に対応できるようにした。

国内モデルは欧州と同じ仕様、装備に加え、専用装備としてツーリング時の利便性を高めるETC2.0車載器を標準装備した。また、外装色の組み合わせや前後ホイールのカラーを選択できる「カラーオーダープラン」をスズキとして初めて設定。外装カウル3色、外装アクセントカラー3色、ホイール2色を組み合わせることができ、標準車体色3色(黒/金、銀/赤、白/青)を含む全18パターンの組み合わせを「Hayabusaスペシャルサイト」で確認できる。

スズキ ハヤブサ(グラススパークルブラック・キャンディバーントゴールド)スズキ ハヤブサ(グラススパークルブラック・キャンディバーントゴールド)

3月19日よりスズキホームページ上で開幕した「スズキWEBモーターサイクルショー2021」では、開発者インタビューや走行映像のほか、様々な角度から見ることができるバーチャル体験映像などを公開する。

価格は標準車体色の黒/金および白/青が215万6000円、銀/赤が216万7000円。カラーオーダープランは黒および白ベースが221万1000円、銀ベースが222万2000円。

スズキ ハヤブサ(マットソードシルバーメタリック・キャンディダーリングレッド)スズキ ハヤブサ(マットソードシルバーメタリック・キャンディダーリングレッド)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  4. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  5. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  6. レンジローバー 新型が登場…ラグジュアリーSUVの頂点はゆずらない
  7. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  8. 【ヤマハ NMAX 試乗】『マツダ3』を彷彿?日常の足と割り切るのはもったいない…伊丹孝裕
  9. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  10. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
ランキングをもっと見る