東京メトロが駅構内ナビを提供…都営線も東京メトロとの乗換駅に対応 3月24日から

「駅構内ナビゲーション機能」対応駅のひとつ、都営地下鉄青山一丁目駅。
「駅構内ナビゲーション機能」対応駅のひとつ、都営地下鉄青山一丁目駅。全 4 枚写真をすべて見る

東京地下鉄(東京メトロ)は3月24日、都営地下鉄を運営する東京都交通局と共同で「駅構内ナビゲーション機能」の提供を開始した。

東京都心部における大都市型Mobility as a Service(MaaS)の一環として開始されたもので、両社局が持つ駅構内地図データを活用して、ホームから地上出口までといった駅構内の歩行ルートを平面図や線、説明文で案内する。

東京メトロが提供する「東京メトロmy!アプリ」で公開されており、東京都交通局が提供する「都営交通アプリ」では4月15日から公開される。

対応駅は、当面の間、銀座・銀座一丁目・新橋・上野・日本橋・有楽町・日比谷・六本木・茅場町・赤坂見附・永田町・外苑前・二重橋前・青山一丁目・明治神宮前・後楽園・春日・仲御徒町・上野広小路・上野御徒町・飯田橋・市ケ谷・表参道の23駅で、都営地下鉄はこのうちの東京メトロとの乗換駅13駅に対応する。対応駅は2021年度以降、順次拡大される予定。

「駅構内ナビゲーション機能」の概要。「駅構内ナビゲーション機能」の概要。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  5. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  9. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  10. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
ランキングをもっと見る