GM、取締役会の女性比率が過半数を上回る…13名のうち7名が女性に

GMの米国本社
GMの米国本社全 3 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は3月25日、取締役会の女性の比率が、男性を上回ったと発表した。

これは、メグ・ホイットマン氏(64歳)が新たに、GMの取締役会のメンバーに加わったことによって実現したもの。GMには現在、13名の取締役がいる。このうち7名が女性となり、GMの取締役全体の過半数を上回った。

GMの各取締役は、情報技術、デジタルコマース、小売、高等教育、投資管理、国際問題、防衛、運輸、サイバーセキュリティ、医薬品などの分野において、上級管理職や取締役の経験を持つ。

GMは2025年までに270億ドルを投資して、世界市場に30台のEVを投入し、自動運転技術を商品化する計画だ。GMは2020年代の半ばまでに、年間100万台以上のEVを販売する予定であり、北米におけるEV市場で主導的地位を確保することを目指している。

GMの次世代グローバルEVプラットフォームとGMのメアリー・バーラ会長兼CEOGMの次世代グローバルEVプラットフォームとGMのメアリー・バーラ会長兼CEO

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「私たちの多様性を備えた取締役会は、GMにとって競争上のアドバンテージだ。取締役会は、より良く、より安全で、より持続可能な世界を実現するために取り組んでいる」と語っている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ