個人間カーシェア「エニカ」、スマホで開錠できる新システム導入…最大300車種が対応

AnycaKEY
AnycaKEY全 10 枚写真をすべて見る

DeNA SOMPOモビリティが運営するカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、個人間でシェアするクルマの鍵をスマートフォンで解錠できる「AnycaKEY(エニカキー)」を導入。最大約300車種が非対面でのシェアが可能になったと発表した。

これまで、非対面での受け渡しはクルマに機器を取り付けることで実現していたが、クルマに施工をして受け渡し用機器を取り付けるため、多くの車種で非対面シェアを実現することは困難だった。今回開始するエニカキーはクルマに対する施工不要で、スポーツカーや高級車など最大約300車種に対応することを実現した。

エニカキーの使い方はまず、クルマのオーナーが専用のキーボックスに鍵を入れ車内に設置。オーナーのエニカアプリでキーボックスを操作してクルマを施錠する。クルマを予約したドライバーはエニカアプリでキーボックスを操作してクルマを開錠。車内のキーボックスから鍵を取り出して運転を開始。返却時は鍵をキーボックスに入れ、エニカアプリでキーボックスを操作してクルマを施錠する。

今回、エニカキーを導入することで、クルマのオーナーはシェアや返却対応のために予定を空ける必要がなくなり、より多くのシェアを行うことが可能となる。また、利用するドライバーもエニカキーを導入しているオーナーのクルマであればこれまで以上に予約がしやすくなる。そして、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、非対面でのシェアをするニーズも高まってきており、非対面化を実現するエニカキーによって、より便利で安心してシェアが可能になる。

対応車種の一例対応車種の一例

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ