【アウディ e-tron GT】新型EVスポーツを日本初公開…価格は1399万円より、今秋発売

アウディ RS e-tron GT
アウディ RS e-tron GT全 11 枚写真をすべて見る

アウディ ジャパンは4月6日、新型EVスポーツカー『e-tron GT』をメディア向けオンライン発表会で日本初公開。その概要と価格を発表した。

e-tron GTは、『e-tron』、『e-tronスポーツバック』に続くアウディ第3のEV。アウディ初のEVグランツーリスモとして2月9日、オンラインイベントで世界初公開された。日本では今年1月に期間限定でオープンした「Audi House of Progress Tokyo」にて4月7日から5月31日まで一般公開される。

e-tron GTは、エモーショナルなデザイン、パワフルな駆動システム、長距離を快適に移動するための優れた乗り心地と快適なキャビン、ダイナミックなハンドリングを兼ね備えたEV 4ドアグランツーリスモ。サステイナブルな未来に向けたアウディの新たなブランドアイコンとなる。日本では今秋発売予定で、価格は「e-tron GTクワトロ」が1399万円、高性能バージョンの「RS e-tron GT」が1799万円。日本仕様の詳細は国土交通省の認可取得後、アナウンスされる。

サイズは全長4990×全幅1965×全高1415mm(RSは1395mm)で、迫力あるワイド&ローのボディは伸びやかでエレガント。六角形シングルフレームグリル、クワトロブリスターフェンダーなど、アウディらしいディテールが見て取れる。レーザーライト付きマトリックスLEDヘッドライトを選択できるほか、リヤの大型ディフューザーに至るまで、ボディパネルとラインは高い製造精度をもって調和。エアロダイナミクスを追求したスムースなボディラインは、Cd値0.24と優れた空力性能を誇る。アウディ RS e-tron GTアウディ RS e-tron GT

インテリアデザインは、五感に訴える品質と先進的なエレガンスを融合したもので、このクルマの進歩的なキャラクターを強調している。運転席はスポーティな低いポジションに設定、幅広いセンターコンソールで仕切られたモノポストデザインによりドライバーを包み込む。レザーフリーパッケージではペットボトルなどのリサイクル素材を使用。ハイテクなルックスとオーガニックなナチュラルさが共存し、新時代のプレミアムを感じさせる。2900mmのロングホイールベースによりリヤシートは大人2人が十分に寛げるスペースを確保。ラゲッジコンパートメントも405リットル(RSモデルは350リットル)の容量を備える。

操作系・コネクト機能では、アウディバーチャルコックピット(12.3インチ)とセンターコンソールの大型タッチディスプレイ(10.1インチ)を標準装備。音声によるオンラインサーチやパーソナライゼーション機能をはじめ、Wi-Fiホットスポットを備えたMMIナビゲーションプラスを装備し、アウディコネクトの幅広いサービスを提供する。また、急速充電ステーションを使用して最短の充電時間で最速ルートを計算するためのe-tronルートプランナーを搭載。ワイヤレスチャージング(Qi規格)やバング&オルフセンプレミアムサウンドシステムも選択できる。

パワートレインは前後のアクセルに2つの電気モーターを配置。システム最大出力はe-tron GTクワトロが350kW/RS e-tron GTが440kW(ローンチコントロール使用時は390kW/475kW)、最大トルクは640Nm/830Nmを発生する。四輪駆動システムは機械式の5倍の速さで反応する「エレクトリッククワトロ」。強烈なパフォーマンスを最大限に活かし、0-100km/h加速は3.3秒(RS e-tron GT/ローンチコントロール使用)という圧倒的な加速性能を発揮する。アウディ RS e-tron GTアウディ RS e-tron GT

総容量93kWh(実際の使用容量84kWh)のバッテリーはフロア下に配置。システム電圧は800Vで、500km以上(WLTC)の航続距離を実現する。200Vの普通充電で8kWまで、急速充電(CHAdeMO)では150kWまで対応。アウディ e-tron チャージカードで、全国の2万か所以上のe-モビリティパワーネットワーク(旧:NCSネットワーク)の充電器で最初の1年間は無料で充電できる。

シャシーでは、3チャンバー式エアサスペンション(RSに標準)やオールホイールステアリング(オプション)が、スポーティなドライビングと、快適な乗り心地を両立。タイヤ/ホイールは、e-tron GTクワトロが19インチ、RS e-tron GTが20インチが標準で、20インチ、21インチホイールをオプション設定している。

運転支援システムは、アウディプレセンス セーフティシステムをはじめ、アダプティブクルーズコントロール、サイドアシスト、リヤクロストラフィックアシスト、ターンアシスト、エマージェンシーアシストなどを標準装備する。またユニークな「e-tronスポーツサウンド」を搭載(オプション装備予定)。法令で規定されている20km/h以下での走行時や駐車時の人工音に加え、アウディドライブセレクトの設定に応じて、クルマの車外および車内に電子的なサウンドを発生する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ