青森・盛岡・秋田の各県へSuicaエリアを拡大…クラウド型改札システムも導入 2023年春以降

2023年春以降にSuicaが導入されることになった青森エリアの弘前駅。2020年1月2日。
2023年春以降にSuicaが導入されることになった青森エリアの弘前駅。2020年1月2日。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本は4月6日、青森・岩手・秋田県内の各線へ2023年春以降にSuicaを導入すると発表した。

新たに導入される線区と駅数は、青森県内の青森エリアが奥羽本線弘前~青森間の10駅。岩手県内の盛岡エリアが東北本線北上~盛岡間の12駅、田沢湖線盛岡~雫石間の3駅、釜石線花巻~新花巻間の2駅。秋田県内の秋田エリアが奥羽本線和田~追分間の7駅、男鹿線(追分~男鹿)の8駅、羽越本線新屋~秋田間の2駅。エリア跨りでの利用はできない。

これに関連して、JR東日本では「さらなるSuicaエリア拡大のほか、モバイルSuicaなどスマートフォンによる多様なサービス提供などが実現できるようにクラウド化を進めます」として、各自動改札機で行なっていた運賃計算などの主要な処理を、サーバーとのやりとりで行なうクラウド型の改札システムを新たなSuicaエリアへ導入する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ