オートバックス、日本最大級のデジタル教育施設に eモータースポーツスタジアム開設

オートバックス REDEE eモータースポーツスタジアム
オートバックス REDEE eモータースポーツスタジアム全 1 枚写真をすべて見る

オートバックスセブンは、日本最大級のデジタル教育施設「REDEE」内に、「オートバックス REDEE eモータースポーツスタジアム」を4月16日に開設する。

オートバックスセブンは、eモータースポーツの発展や新たなクルマ文化の創造を目指し、2020年4月に「JeGTグランプリ」を大会スポンサーとして支援すると発表。同年10月から「オートバックス JeGTグランプリ 2020シリーズ」が開催されている。今回、レッドホース社が大阪府吹田市で運営する、日本最大級のデジタル教育施設であり、日本最大級のeスポーツ常設アリーナをもつREDEE内へ、レッドホース社とともにeモータースポーツスタジアムを開設する。

スタジアムにはドライビングシミュレーターを6台常設。平時は施設利用者が気軽に楽しむことができる。個人の練習だけではなく、スタジアム限定のタイムトライアルイベントや、テクニックを学ぶドライビングスクールも開催。また、週末には誰でも気軽に参加できるプライベートマッチや、REDEE主催のプライベートマッチ、親子向けのeモータースポーツイベントなども開催する。

加えて、オートバックスグループ店舗と連動し、店舗からでも気軽に本格的なレースが楽しめるイベントを開催する。第1弾として、A PIT オートバックス東雲(東京都江東区)と連動した「オートバックス e-モータースポーツ エクスペリエンス」を同スタジアムのオープニングイベントとして、4月17日、18日に開催。当日は、スタジアムと店舗をオンラインでつないでのレースなどを実施する。

その後、5月8日・9日にスーパーオートバックス富山南、5月15日・16日にオートバックスとよはし店でも店舗連動イベントを開催する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ