【ジャパンボートショー2021】さまざまな楽しみ方…約60隻を係留展示 4月15日から

トヨタ(ジャパンボートショー2021)
トヨタ(ジャパンボートショー2021)全 6 枚写真をすべて見る

一般社団法人日本マリン事業協会は4月15日から18日までの4日間、横浜市にある横浜ベイサイドマリーナを会場に、「ジャパンインターナショナルボートショー2021」を開催する。

今年は60回目の開催で、昨年は新型コロナウイルス感染症の流行で中止されたので、2年ぶりの開催となる。会場は例年、横浜市みなとみらいのパシフィコ横浜展示ホールと横浜ベイサイドマリーナの2カ所だったが、本年はパシフィコ横浜での屋内展示はない。いっぽうバーチャルボートショーが4月1~30日の期間で、すでに開催中だ。主催者では、リアル会場(横浜ベイサイドマリーナ)とバーチャル会場(インターネット)とを組み合わせた、初のハイブリッド・ボートショーを謳う。

ボートや関連製品が展示されるのは当然だが、ヤマハ発動機、トヨタ自動車、ヤンマーなど、陸上のモビリティでの大手メーカーが出展予定だ。スズキとホンダもマリン事業を展開し、ジャパンインターナショナルボートショーの常連だが、2021年はバーチャル出展のみとなった。

横浜ベイサイドマリーナでは、大型ボートやセーリングクルーザー(ヨット)など、約60隻が係留展示。これらを中心に、体験乗船やキッズ体験ゾーンなど、さまざまな楽しみ方があるマリンレジャーを訴求する。陸上展示では小型ボート・ヨットの展示のほかに、各種マリン用品の展示や販売を行ない、さらには免許・マリーナなどの情報を発信する予定だ。

ヤンマー(ジャパンボートショー2021)ヤンマー(ジャパンボートショー2021)

1962年から開催している「ジャパンインターナショナルボートショー」はマリンレジャーへの理解促進・普及・拡大を目的に、プレジャーボートをはじめ水上オートバイ、ヨット、関連機器などの製品を展示し、様々なマリン情報を発信するイベントとなっている。

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  3. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  4. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る