トヨタマリンの人気クルーザー『PONAM-31』は船内見学を実施、最新の操船サポートシステム搭載…ジャパンボートショー2021

トヨタマリンPONAM-31(ジャパンインターナショナルボートショー2021)
トヨタマリンPONAM-31(ジャパンインターナショナルボートショー2021)全 10 枚写真をすべて見る

ジャパンインターナショナルボートショー2021の横浜ベイサイドマリーナ会場で、トヨタマリンは同社の人気クルーザー『PONAM-31』(ポーナム-31)の船内見学を実施している。

PONAM-31はクルージングやフィッシングなどのアクティビティユーザーに人気のマルチクルーザーとなっており、最新の操船サポートシステムを搭載したモデルだ。

ひとつ目がTDS(トヨタドッキングサポート)。出港前に船体位置をGPS登録しておくことで、離着岸をアシスト。300メートル程度離れた距離から着岸に向けたサポートが受けられるそうで、船体の向きの調整や平行移動がコンピューター制御により行える。これにより一人での操船時などでも、スムーズに離着岸ができる。

2つ目がTVAS(トヨタバーチャルアンカーシステム)。こちらは主にフィッシングユーザーに人気のシステムで、コンピューターが位置や風、潮の流れを判別し、自動で位置や向きを維持してくれる、まさしくアンカーシステムと呼べるものだ。このシステムによって釣りを行っている際、ポイントから流されることなく、またポジションキープのために釣りの手を止めることもない。もちろんクルージングの際に景観のいい位置をキープしたい時などにも効果を発揮する機能だ。

TDS実演の様子(ジャパンインターナショナルボートショー2021)TDS実演の様子(ジャパンインターナショナルボートショー2021)

3つ目がTDA(トヨタドライブアシスト)。ジョイスティックによる直感的な操船を行えるシステムで、平行移動や回頭といった操船を簡単に行える。TDSとあわせて使うことで、離着岸が苦手なユーザーでも、安全に着岸作業が可能だ。

このうち、TDSの実演が定期的に水上ブースにて行われており、船内見学とあわせて多くのユーザーが訪れていた。免許を取り立ての方はもちろん、ふだんの操船は問題ないが、桟橋への離着岸が苦手という方は是非一度チェックしておきたい。

ジャパンインターナショナルボートショー2021ジャパンインターナショナルボートショー2021

《二城利月》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  4. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  5. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  6. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  7. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  8. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  9. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  10. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
ランキングをもっと見る