あなたの運転技術は大丈夫?ライディングを“見える化”、ヤマハの「YRFS」を体験してみた

ヤマハ・ライディング・フィードバック・システム(YRFS)を体験
ヤマハ・ライディング・フィードバック・システム(YRFS)を体験全 22 枚写真をすべて見る

ヤマハが開催している「ヤマハ・ライディング・アカデミー(以下YRA)」に潜入してきました。今回私が体験したのは、ヤマハがライダーのスキルアップ支援を目的に新たに開発した、走行技術を可視化しフィードバックする「ヤマハ・ライディング・フィードバック・システム(以下YRFS)」です。

GPSロガーGPSロガー
「YRFS」は、車両の位置・速度のデータをGPSロガーで取得し、自分ではなかなか確認できない走行時の「加速・減速」「コーナーリングG」をひと目で分かるよう“見える化”するシステム。レッスン中(開始時と終了時)に撮影した旋回時の乗車姿勢写真と走行データを載せたフィードバックシートに、インストラクターのコメントを添えて参加者はレッスン前後のスキルアップ度合いや今後の改善ポイントをこれで振り返ることが出来ます。

今回は「YRFS」の体感がメインだったため、ライディングレッスンは抜きにして、走行データの違いをわかりやすくするため、あえて一本目と二本目の走り方を変えて走ってみました。一本目は(レッスン開始時を想定した)バイクに乗り始めた初心者のときを思い出しながら、ゆっくりぎこちなく走行。二本目は(レッスン終了時を想定した)現在の自分の走行技術で出来る限りの丁寧な走りで走行。その2本の走行データを取り込み、ドーンっと見せていただきました。

2本目では加減速にメリハリをつけて丁寧に走行2本目では加減速にメリハリをつけて丁寧に走行
結果は、大きく走行の仕方を変えたおかげで、2本の走行の違いが顕著に現れました。一本目の走行では加速・減速がぎこちなくアクセルワークが一定でないため、コーナーリング中の減速が所々で見られます。そしてマシンもほぼ垂直状態のため、コーナーリングGもあまりかかっていません。しかし、二本目はしっかり丁寧に走ったため、コーナーリング手前でしっかり減速し、減速ポイント以外ではコーナーリングGがはっきりかかっていることがわかります。

GPSデータだけでなく2本のコーナーリング姿勢も写真で確認できるため、バンク角が深くなったり、目線がしっかり遠くを見れるようになったなど、レッスン終了時のスキルアップ度合いを写真でも確認出来るのはありがたいですね。

YRFSフィードバックシート。加減速、コーナリング、姿勢がひとめでわかる。YRFSフィードバックシート。加減速、コーナリング、姿勢がひとめでわかる。
お手本となるインストラクターさんのGPSデータとコーナーリング姿勢もフィードバックシートに表示されているので、次回参加するときの課題点を自分で見つめ直せるのもいいなと思いました。

今回、私の二本目の走行はありがたいことに「インストラクターさんの走行データとほとんど一緒です」と言うお褒めの言葉をいただきました。最近ではサーキットを走る機会が増えてきましたが、今回の取材で自分の走行を可視化されてしまい、もし基礎的なことが出来ていなかったらそれが明るみに出てしまいのではないか、と不安になりましたが、ちゃんと走りの基礎を忘れずバイクに乗れていたようで安心しました。

YRAは主にバイク初心者を対象にしていますが、そこそこバイクに乗り慣れている方やリターンライダーの方など、自分の走行を今一度見直してみたい方にオススメのレッスンです。

小鳥遊レイラさん(愛称:ことりちゃん)小鳥遊レイラさん(愛称:ことりちゃん)

小鳥遊レイラ|愛称:ことりちゃん
レースクイーンに憧れてモータースポーツ業界へ。しかしMOTOR STATION TVでの出演をきっかけに走る方に目覚めてしまい、いきなり大型二輪免許を取得。現在では2輪4輪共にサーキットを走り、一昨年に4輪のレース参戦のためJAF国内A級ライセンスを取得。先日、MFJロードレース国内ライセンスを取得して、今年は2輪でもレースに参戦予定。イベントMCから2&4輪の耐久レース参戦まで楽しむモータースポーツ女子。身長は160cm。

《小鳥遊レイラ》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ