車とガーデニングをかけあわせた新業態の店舗がオープン…LEAD STYLE×横浜トヨペット

LEAD STYLE×横浜トヨペット
LEAD STYLE×横浜トヨペット全 23 枚写真をすべて見る

2021年4月24日、神奈川県相模原市にある大型商業施設「アリオ橋本」内に、業界初の新業態店舗「LEAD STYLE×横浜トヨペット」がオープン。開店に先駆け、23日に先行内覧会が実施され、店内の様子を伺うことができた。

「LEAD STYLE×横浜トヨペット」は、自動車販売の横浜トヨペットと、フラワーショップのリード商事がコラボレーションした、車とガーデニングをあわせて楽しめる新業態の店舗となっている。

「暮らしを彩る」をコンセプトに、コロナ禍で変化したライフスタイルに寄り添った彩りある暮らしを提案。ライフスタイルにあわせた車選びはもちろん、おうち時間が豊かになる庭造りをサポートしていく。

店内は木をふんだんに使った自然溢れるスタイルで、主にフラワーエリア、イベントエリア、車エリアの3つに分かれている。フラワーエリアでは、生花や観葉植物、ギフト商品などを販売。イベントエリアを利用した四季折々にあわせたワークショップも実施される。

LEAD STYLE×横浜トヨペットLEAD STYLE×横浜トヨペット

車エリアでは新車を1台だけ展示し、それ以外はVRシミュレーターによって全車種を確認できるようにしている。

これらの店内設計について、横浜トヨペットの常務取締役・間島努氏は「車屋に相談に行くのは敷居が高く、店員にしつこく提案されるのではないかなと思ってる人が多い。そういった人たちにも気軽に車の悩みを相談できる場所。提案だけでなく、コンシェルジュとして、お得な買い方の提案や、言われてみれば気になる細かいご相談に対応できる窓口としていきたい」と語った。

LEAD STYLE×横浜トヨペットLEAD STYLE×横浜トヨペット

リード商事の代表取締役社長・三浦和幸氏も「父親が車の商談中、お母さんと子供がお花やイベントスペースを楽しむ。そんなストーリーを提案していきたい。コロナ禍で室内園芸が流行り、若い世帯のお客さんが増えている。従来、園芸商品は高齢の方が多かったが、若い世代のご家族がどんどん園芸に興味に持ってくれている。ご家庭を持って、車を持って、家族みんなで園芸を楽しむお店になれば」と思いを述べた。

同店がある「アリオ橋本」では「LEAD STYLE×横浜トヨペット」以外に、横浜トヨペットの屋外展示場や、LEAD STYLEの屋外販売エリア、そして車×アウトドアのライフスタイルを提案する「U-BASE湘南アンテナショップ」が出店している。

LEAD STYLE×横浜トヨペットLEAD STYLE×横浜トヨペット

車をたくさんみたい方は横浜トヨペットの屋外展示場に、アウトドアなキャンピングカーを見たい方は「U-BASE湘南アンテナショップ」に、本格的な庭造り商品を見たい方はLEAD STYLEの屋外販売エリアと、「LEAD STYLE×横浜トヨペット」を入り口に、様々なスタイルのショッピングが楽しめるだろう。

車だけでなく、車を含めた「ライフスタイル」の提案を行う「LEAD STYLE×横浜トヨペット」。今回の店舗はファミリー層向けではあるが、今後はさらに細分化した、現在に即したライフスタイル提案型の店舗が増えていくのかもしれない。

LEAD STYLE×横浜トヨペットLEAD STYLE×横浜トヨペット

《二城利月》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  2. 戦闘機型バイクも登場! ホットウィール レジェンドツアーが日本初開催…スタンスネイションジャパン2021愛知
  3. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  4. 【MINI クーパー 新型試乗】最後のピュアエンジン・ミニかもしれない…諸星陽一
  5. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  6. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  7. 「CLE」ってどんなクルマ!? メルセデスベンツ、クーペ&カブリオレ市場で再起へ
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. コロナ禍でクルマの使用頻度が変化、自動車保険の見直し意向も増加 SBI損保調べ
  10. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
ランキングをもっと見る