508プジョースポール に360馬力の高性能PHV…レーシングドライバーに納車

1.6リットルターボにツインモーターの組み合わせ

EVモードは最大42km

シャシーはプジョースポールが強化

プジョー「i-Cockpit」は専用仕様

WECドライバーが最初のオーナーに

プジョー 508 プジョースポール・エンジニアード を受け取ったプジョーのWECドライバー、ジェームス・ロシター選手
プジョー 508 プジョースポール・エンジニアード を受け取ったプジョーのWECドライバー、ジェームス・ロシター選手全 15 枚写真をすべて見る

プジョーは4月22日、高性能電動モデルの『508プジョースポール・エンジニアード』(Peugeot 508 Peugeot Sport Engineered)をフランス本国で発売した、と発表した。最初の顧客として、プジョーのWEC(世界耐久選手権)ドライバー3名にも、同車が引き渡されている。

1.6リットルターボにツインモーターの組み合わせ

508プジョースポール・エンジニアードは、プジョー『508』新型をベースに開発された高性能なプラグインハイブリッド車(PHV)となる。ボディはセダンの「ファストバック」と、ワゴンの「SW」が用意されている。

PHVパワートレインは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」エンジンが、最大出力200ps/6000rpm、最大トルク30.6kgm/3000rpmを獲得する。フロントとリアに置かれるモーターは、フロント側が最大出力110ps、リア側が最大出力113psを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体のパワーは360ps、トルクは53kgmで、4輪を駆動する。強力なPHVパワートレインの効果で、0~100km/h加速は5.2秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

EVモードは最大42km

バッテリー(二次電池)は、蓄電容量11.5kWhのリチウムイオンだ。EVモードでは、最大42km(WLTP計測)をゼロエミッション走行できる。燃費は49.3km/リットル、CO2排出量は46g/kmとした。バッテリーの充電は、標準的な家庭用コンセントで7時間以内、16アンペアの充電器で4時間、32 アンペアのウォールボックスで2時間以内とした。プジョー 508 プジョースポール・エンジニアードプジョー 508 プジョースポール・エンジニアード

5種類の走行モードが、センターコンソールのモードセレクターで切り替えられる。「エレクトリックモード」は、100%電気駆動となり、都市部のグリーンゾーンにアクセスでき、最高速140km/hまでゼロエミッション走行が可能だ。

「ハイブリッドモード」は、状況に応じてエンジンと電気モーターの動力源を自動的に選択し、エネルギー消費を最適化する。「コンフォートモード」は、ハイブリッドモードでさらにサスペンションをソフトにし、快適な走りを実現する。

「スポーツモード」は、360psのパワーでドライビングプレジャーを味わえるモードだ。ステアリング、ショックアブソーバー、アクセレーションマッピング、エンジンサウンドを統合制御する。つねに最高のパワーを発揮できるよう、エンジンがバッテリーを確実に充電する。「4WDモード」は、滑りやすい路面状況でも最大限のトラクションを確保する。3モード可変ショックアブソーバーは、コンフォート、ハイブリッド、スポーツの各モードで最適化された。

シャシーはプジョースポールが強化

プジョースポールの手によって、シャシーは強化された。トレッドはフロントで 24mm、リアで 12mm 拡大。とくに、コーナーでの機動性が重視された。足元には、20インチホイールにミシュランの「パイロットスポーツ4S」タイヤを組み合わせた。ブレーキは、フロントに380mm径ディスクと対向4ポッドキャリパーを奢る。

508プジョースポール・エンジニアードでは、エアロダイナミクス性能が追求されている。フロントは、シャープなグリル、専用のフロントバンパー、エアスクープ、「クリプトナイト・モノグラム」が特徴だ。ボディサイドには、特別な3つのウイングレットや3本爪のクォーターホイールトリムが採用される。リアには、陽極酸化処理を施したブラックエキゾーストアウトレット、グロスブラックのセンターディフューザーが配された。

ボディカラーは3色で、特別色のセレニウムグレー、ペルラネラブラック、パールホワイトが用意された。モノグラムはすべてブラックとし、ベース車両が備えているスポーツ性を強調している。プジョー 508 プジョースポール・エンジニアードプジョー 508 プジョースポール・エンジニアード

プジョー「i-Cockpit」は専用仕様

プジョーの「i-Cockpit」には、プジョースポール・エンジニアードの3つの「クリプトナイト・クロー」を特長とするコンパクトなステアリングホイールと、デジタルヘッドアップディスプレイが装備された。i-Cockpitのグラフィックアニメーションやセンターコンソールの10インチHDスクリーンには、プジョースポール・エンジニアードのシグネチャーが採用され、このモデルが特別なものであることを示している。

「コンフォートフィット」と呼ばれる専用シートを装備する。シート表面はレザー、3Dメッシュ、アルカンターラを組み合わせた個性的なデザインとした。助手席側には、トラモンタングレーと「クリプトナイト」のダブルステッチが施された。オーディオは、FOCAL製の Hi-Fiシステムが標準装備されている。

また、ナイトビジョン、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警告システム、アクティブセイフティブレーキなど、ベース車両と同じ先進運転支援システム(ADAS)を備えている。プジョー 508 プジョースポール・エンジニアードプジョー 508 プジョースポール・エンジニアード

WECドライバーが最初のオーナーに

プジョーは、この508プジョースポール・エンジニアードを、フランス本国で発売した。最初の顧客として、プジョーのWECドライバー3名にも、同車が引き渡されている。

3名のWECドライバーは、ジェームス・ロシター、グスタボ・メネゼス、ポール・ディ・レスタの各選手。ポール・ディ・レスタ選手は、「レーシングカーと同じ工場で開発されたところが気に入っている。市内では主にこの電動モデルを利用している。キッズシートもぴったり」とコメント。ジェームス・ロシター選手は、「電気モーターのパワー、トルク、瞬時のレスポンスを感じられる。SWバージョンでは、自転車やフライトボードなどを積んで、どこへでも簡単に出かけられる」と語る。

ロイック・デュバル、ケビン・マグヌッセン、ミッケル・イェンセンの各選手は、それぞれの居住国、スイス、デンマーク、オーストリアで間もなく、508プジョースポール・エンジニアードを受け取る予定だ。

なお、プジョースポールは、ポール・ディ・レスタ選手への車両引き渡しの様子を、ユーモアを交えながら紹介した映像を、公式サイトで公開している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ