アキュラ「タイプS」ヒストリー映像公開… インテグラや初代NSXの姿も[動画]

新開発の3.0リットルV6ターボは最大出力355hp

NSXにインスパイアされた軽量ホイール

アキュラSUV初のタイプSが新型MDX

第4世代のSH-AWD

ホンダコレクションホールに収蔵されている初代ホンダNSXの姿も

アキュラのタイプS(2001~2008年モデル)
アキュラのタイプS(2001~2008年モデル)全 22 枚写真をすべて見る

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラ(Acura)は4月21日、高性能グレード「タイプS」の歴史を振り返る映像、『Type S Origin Story』を公開した。

タイプSは過去には、初代『NSX』に設定されたことがある。アキュラが2010年以前にタイプSを用意していたのは、2008年モデルの『TL』が最後だった。

アキュラは5月下旬に米国で発売する予定の新型『TLX』のタイプSから、タイプSをおよそ13年ぶりに復活させる。アキュラは2016年、ブランドのスポーツセダンとして、初代TLXを発表した。2世代目となる新型はスタイルとパフォーマンスを引き上げ、アキュラの歴史において、最も速く、最も扱いやすく、最もバランスの取れたスポーツセダンを目指して開発された。

新開発の3.0リットルV6ターボは最大出力355hp

新型TLXには、2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTEC」ターボを搭載する。最大出力は272hpを引き出す。一方、高性能グレードのタイプ Sには、新開発3.0リットルV型6気筒ガソリンターボを積む。両エンジンは、自社開発された応答性の高い10速ATを組み合わせる。アキュラ TLX 新型のタイプSアキュラ TLX 新型のタイプS

新開発の3.0リットルV型6気筒ガソリンターボエンジンには、数十年にわたるパフォーマンスエンジン開発の経験とモータースポーツのノウハウを導入した。最大出力が355hp、最大トルクは49kgmを引き出す。49kgmの最大トルクは、タイプS史上、最強という。

ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションとタイプS専用のSport +ドライビングモードも、パフォーマンスとドライバーの楽しさを高めるために特別に設計された。タイプSとしては初めて、アキュラの「スーパーハンドリングオールホイールドライブ(SH-AWD)」を介して、パワーが四輪に配分される。この4WDには、トルクベクタリング機能が付く。強力なブレンボ製ブレーキも装備した。アキュラの歴史の中で、最も扱いやすいタイプSだという。

NSXにインスパイアされた軽量ホイール

6種類のボディカラーと、タイプS専用の新色のタイガーアイパールペイントが選択できる。内装は、タイプS専用のオーキッドレザーインテリアを含む3種類のインテリアオプションが用意された。

フロントには、空気の取り入れ量を増やすために、オープンサーフェスのダイヤモンドペンタゴングリルを装着する。大口径のエグゾーストパイプも専用だ。タイヤは255サイズのピレリ「P-Zero」。『NSX』にインスパイアされた軽量ホイールを用意している。アキュラ TLX 新型のタイプSアキュラ TLX 新型のタイプS

タイプSのインテリアには、ヘッドレストにタイプSのロゴをエンボス加工した「Ultrasuede」16ウェイパワーシートを装備した。「ELSSTUDIO3D」の17スピーカープレミアムオーディオシステムは、「TLX AdvancePackage」に含まれている。

アキュラSUV初のタイプSが新型MDX

この新型TLXのタイプSに続く復活のタイプS第2弾が、今夏米国市場で発売される予定の新型『MDX』のタイプSだ。MDXは、アキュラの最上位SUV。アキュラによると、初代MDXのデビューから20年以上の間に、累計100万台以上が販売されており、MDXが米国で最も売れた3列シートのラグジュアリーSUVになるという。MDXはアキュラのベストセラー車としての地位を確保しており、アキュラブランドの米国販売の約3分の1を占めている。アキュラ MDX 新型のタイプSアキュラ MDX 新型のタイプS

4世代目となる新型MDXに設定されるのが、高性能モデルのタイプSだ。アキュラのSUVにタイプSが用意されるのは、新型MDXが初めてとなる。

新型MDXのタイプSは、オープンダイヤモンドメッシュグリルやクワッドエキゾーストアウトレットを専用装備する。トリムは標準のクロームから、グロスブラックに変更され、高性能モデルらしいエクステリアとした。

足元には、グリップを最大化する275サイズのタイヤに、21インチのアルミホイールを組み合わせる。大容量ブレーキには、4ピストンのブレンボ製フロントキャリパーが採用されている。アキュラ MDX 新型のタイプSアキュラ MDX 新型のタイプS

インテリアには、タイプS専用の内装色とトリムを採用する。カーブドステッチのアクセントが付く9モードのマッサージフロントシートをオプションで用意した。新開発の「ELS STUDIO 3D」プレミアムオーディオシステムは、出力1000W以上、22のディスクリートチャンネル、25のスピーカー仕様となり、アキュラ史上、最も先進的で強力なオーディオシステムになるという。

第4世代のSH-AWD

新型MDXタイプSのパワートレインには、アキュラが新開発した3.0リットルV型6気筒ガソリンターボエンジンが搭載される。最大出力は355hp、最大トルクは48.9kgmを発生する。

新型MDXの他のグレードには、自然吸気の3.5リットルV型6気筒ガソリン「i VTEC」エンジンが搭載される。最大出力は290hp、最大トルクは36.9kgmを引き出す。タイプSでは、排気量を500cc縮小しながらも、ターボで加給することにより、パワーは65hp、トルクは12kgmプラスされている。

駆動方式は、最新の「SH(スーパーハンドリング)AWD」だ。第4世代のSH-AWDは、第3世代のシステムよりも、リアのトルク容量が40%増加し、前後のトルク伝達が30%高速化されている。最新のSH-AWDシステムは、通常の走行状態で最大70%のエンジントルクをリアアクスルに配分する。そのリアアクスルでは、トルクの最大100%を左または右の後輪に継続的に配分できる。これにより、後輪左右のトルク伝達のヨーモーメント効果が増幅され、さらにシャープで正確なターンインを実現するとともに、コーナリング時の安定性が向上しているという。初代ホンダ NSX のタイプS(1997年)初代ホンダ NSX のタイプS(1997年)

ホンダコレクションホールに収蔵されている初代ホンダNSXの姿も

アキュラは、タイプSの歴史を振り返る映像、『Type S Origin Story』を公開した。北米初のタイプSとなった2001~2003年モデルのアキュラ『CL』のタイプSをはじめ、2002~2006年モデルのアキュラ『RSX』(日本名:4代目ホンダ『インテグラ』に相当)のタイプS、初代NSXのタイプS(日本のホンダコレクションホールに収蔵されている初代ホンダNSXのタイプS)などが登場する。

そして、これらのタイプSの伝統を受け継ぐ形で、最新のタイプSの新型TLXと新型MDXを紹介している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ