日野が次世代商用EVを開発---イスラエルの電動モビリティ企業と提携

次世代商用モビリティのコンセプトイメージ
次世代商用モビリティのコンセプトイメージ全 3 枚写真をすべて見る

日野自動車は4月27日、電動モビリティ企業であるイスラエルのREEオートモーティブと次世代商用モビリティ分野で業務提携することで合意したと発表した。2022年までに次世代モビリティのプロトタイプを開発する。

次世代商用モビリティは、モジュール構造で、REEのEVプラットフォームを採用した動力部分(シャシモジュール)と、用途に応じて最適に設計された荷室空間(サービスモジュール)で構成する。人や物、サービスを運ぶサービスモジュールは、顧客ニーズに合わせた様々な提案が可能。

また、サービスモジュールは、シャシモジュールから簡単に脱着することが可能で、独立したユニットとして物やサービスを届ける一方、シャシモジュールは単独で稼働して他のサービスモジュールの動力として活用できる。MaaS (モビリティアズアサービス)やラストワンマイル物流での活用を想定する。

両社が共同開発するEVシャシは、主要コンポーネントを一つのシステムに統合しホイールとシャシの間に設置する「REEcorner」テクノロジーを活用する。低床・フラットで顧客ニーズにフレキシブルに対応し、自動運転にも対応する。モジュール構造とすることで拡張性を持たせる。

今回の協業は2019年の東京モーターショーで日野が提案した『FlatFormer』コンセプトが起点今回の協業は2019年の東京モーターショーで日野が提案した『FlatFormer』コンセプトが起点

次世代商用モビリティによってCO2排出量削減、インフラへの負荷最小化、交通渋滞緩和、企業の経営資源の最適配分などによって新たな社会的価値の提供を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ