シトロエン C3エアクロスSUV がサーフブランド「RIP CURL」とコラボ 特別仕様

C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール
C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール全 10 枚写真をすべて見る

グループPSAジャパンは、人気のコンパクトSUV、『C3エアクロスSUV』に特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」(C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール)を追加し、5月1日に全国のシトロエン販売店で発売した。

シトロエン100周年の2019年7月に日本デビューしたC3エアクロスSUVは、世界販売約29万台のヒットモデルだ。日本でも、ユニークなスタイルとともに、乗り心地や空間としての気楽さフレンドリーなキャラクターなど、あらゆる要素でのコンフォート性能という新たな価値が受け入れられている。

特別仕様はC3エアクロスSUVがサーフブランド「RIP CURL」とコラボレーションしたモデルだ。5年に渡るリップカールとシトロエンとのコラボレーションで、初めて日本市場に投入されるモデルとなる。また、2019年の100周年記念モデル「C3エアクロスSUV Origins」、「C3エアクロスSUV C-Ceries Chic Edition」につづくグローバルな特別仕様だ。

シトロエンによると、シトロエンとリップカールのふたつのブランドは、ウェルビーイング、レジャー、そして“ここではないどこか”へと人を誘うエスケープという性格が共通しており、パートナーシップは自然なものだったという。C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカールC3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール

特別仕様は、ボディカラーにグリ・アルタンス、ルーフおよびルーフレールにノアール・ペルラネラをあしらった。そしてアクセントカラーはゴールドを彷彿とさせるリップカール・アルマイト・オーカー・カラー(マットイエロー)だ。このイエローは、サーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たもので、ヘッドライトベゼル、ドアミラー、およびブラックの16インチホイールのセンターキャップに採用されている。

さらにボディサイドのフロントドアには「RIP CURL」のブランドロゴを、あえてコントラストを抑えてあしらった。またリアクオーターのベネチアンストライプを廃してRIP CURLロゴを入れた。C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカールC3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール

インテリアも、ダークグレーファブリックにブラックテップレザーとマットイエローのアクセントを入れ、エクステリアと呼応するグラフィカルな仕上げだ。通常仕様でファブリック張りとなるダッシュボードにはダークグレーのテップレザーを張り、タフなイメージを演出した。

1.2L直列3気筒ターボエンジンは130ps、230Nmにパワーアップされた。トランスミッションは6速オートマチックEAT6。くわえて「SHINE」グレードでパッケージオプションを選択しないと装着されないアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を搭載した。FFながらトラクションコントロールとブレーキLSDを統合制御するアドバンスドグリップコントロールの「サンド」モードを選ぶと、サーフスポットまでの移動がしやすくなる。

税込価格は305万9000円。C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカールC3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ