BMW M3セダン&M4クーペ、ADVANスポーツV107を新車装着

ADVANスポーツV107
ADVANスポーツV107全 6 枚写真をすべて見る

横浜ゴムは5月6日、BMWの新型高性能モデル『M3セダン』『M4クーペ』の新車装着(OE)用タイヤとして、「ADVANスポーツV107」の納入を開始したと発表した。装着サイズは、フロントが275/40ZR18(103Y)、リアが285/35ZR19(103Y)。Mモデルへの納入は現行『M5セダン』に続くものとなる。

ADVANスポーツV107は、横浜ゴムの最高峰ブランド「ADVANシリーズ」のハイパフォーマンスタイヤだ。今回新車装着されたタイヤはBMW M社と共同開発。パターン面では高いドライ性能と耐摩耗性を両立するために溝面積を調整し、専用コンパウンドと組み合わせた。ウェット性能では、欧州ラベリング制度における最高レベルの「A」を獲得。プロファイル面では、接地面が均一になるようにマウンド・プロファイルを採用しドライ性能、耐摩耗性に貢献している。構造面では、タイヤの骨格であるカーカス材に専用の部材を採用。カーカス材を締め付けるベルトの角度を一般的な補修用タイヤに比べ角度をつけることにより、ダイレクトなハンドリングかつ高い操縦安定性を発揮できる性能に仕上がっている。

新型M3セダン/M4クーペ向けに開発されたタイヤはニュルブルクリンクでテストされ、高いパフォーマンスでの走行を実現。また、公道でもサーキットでも驚異的なパフォーマンスを発揮できるMモデルに相応しいタイヤとなっている。限られたタイヤメーカーのみが参入可能なMモデル。タイヤサイドには同社からの技術力、品質、信頼の承認を示す★印(スターマーク)が刻印されている。

これまで横浜ゴムは、世界トップレベルのレースへ参戦するBMWに対し高性能レーシングタイヤを供給しており、海外では「シュニッツァーBMW M3」が世界ツーリングカー選手権の初代チャンピオン(1987年)、欧州ツーリングカー選手権チャンピオン(1988年)を獲得。さらにニュルブルクリンク24時間とスパ・フランコルシャン24時間にて計5回の優勝を獲得した。1998年には米国フロリダで開催されたデイトナ24時間耐久レース、セブリング12時間レースでクラス優勝するなど、レース面でもBMW M3とヨコハマタイヤの関係性は深いものがあった。

SCHNITZER BMW M3(1987年WTCC)SCHNITZER BMW M3(1987年WTCC)

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】BMW M3セダン&M4クーペ、ADVANスポーツV107を新車装着(6枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  4. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  8. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  9. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る