VW ティグアン のロング、「オールスペース」に改良新型…5月12日発表

ホイールベースは110mm長い

標準ボディのティグアンと同様の改良が施される予定

現行ティグアンの55%がロングホイールベース車

フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 改良新型のティザーイメージ
フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 改良新型のティザーイメージ全 6 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは5月5日、改良新型『ティグアンオールスペース』(Volkswagen Tiguan Allspace)を5月12日、ワールドプレミアすると発表した。

ホイールベースは110mm長い

フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)

フォルクスワーゲンは2017年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2017において、ティグアン オールスペースを初公開した。ティグアン オールスペースは、フォルクスワーゲンの主力SUV、『ティグアン』から派生したロングホイールベース車。米国市場に導入された現行ティグアンはすべて、このロングホイールベース車だ。

現行ティグアンに対して、ホイールベースを110mm延長し、リアクォーターウインドウ周辺を専用デザインとした。ロングホイールベースの採用によって、荷室容量は従来型ティグアン比で最大57%拡大している。

フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)

米国向けでは、2列シート仕様が標準。およそ180mmの前後スライドが可能で、後席乗員の快適性が高められた。3列シート仕様はオプションとなり、最大で7名が乗車できる。米国仕様車のパワートレインは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンのみ。最大出力184hp、最大トルク30.6kgmを引き出す。トランスミッションは8速AT。駆動方式はFFで、4WDの4モーションをオプションで用意している。

標準ボディのティグアンと同様の改良が施される予定

フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)

エクステリアに斬新なデザインを採用する。ロングホイールベースバージョンは、高度な技術的機能も備えているという。新しいコントロールシステムと先進運転支援システム(ADAS)は、さらなる利便性を追求する。さまざまなオンラインベースのサービスと機能も搭載される。そのひとつが、最新のコネクティビディの「MIB3」インフォテインメントシステムになる。

ティグアンは2007年の発売以来、600万台以上が販売されており、世界市場で最も売れているSUVのひとつになった。この成功の主な要因が、全長が220mm長いロングホイールベースバージョン、ティグアンオールスペースの2017年の発売だ。2017年の発売から2021年3月末まで、世界中で約150万台のロングホイールベース仕様車が販売されてきた。

フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)

現行ティグアンは2020年秋、初の大幅改良を受けて、改良新型が欧州で発表された。同様の改良がティグアンオールスペースにも施される予定だ。フォルクスワーゲンによると、よりシャープな外観、デジタルコックピット、包括的なコネクティビティを採用するという。

現行ティグアンの55%がロングホイールベース車

フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 現行型(参考)

ティグアンオールスペースは、フォルクスワーゲンのベストセラー車のティグアンのロングバージョン。最大1920リットルのラゲッジコンパートメントボリュームを備えるなど、ティグアンよりもさらに広いスペースを持つ。オプションのサードシートを装備すれば、最大7名が乗車できる。

ティグアンのロングホイールベース車は、世界の2つの工場で組み立てられる。中国市場向けの『ティグアンL』は上海工場で製造される。南北アメリカ向けのLWB(ロングホイールベース)ティグアンと、ヨーロッパ向けのティグアンオールスペースは、メキシコのプエブラ工場で製造される。

フォルクスワーゲンは、これまでに生産された現行ティグアンの55%がロングホイールベース車、としている。

《森脇稔》

【画像】VW ティグアン のロング、「オールスペース」に改良新型…5月12日発表(6枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  5. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  6. トヨタの苦悩、系列販売店で不正車検相次ぎ発覚[新聞ウォッチ]
  7. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  8. 日産の新型商用車『タウンスター』、EV版の航続は285km…欧州発表
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
ランキングをもっと見る