BMW 8シリーズ カブリオレ 改良新型、内外装を初スクープ!

BWM 8シリーズ カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BWM 8シリーズ カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 20 枚写真をすべて見る

BMWのフラッグシップオープンカー『8シリーズ カブリオレ』改良新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。第2世代となる現行型「G14」型は2018年にデビュー、2021年末には3度目の誕生日を迎える。

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプはカモフラージュが軽く、本格的な調整はこれからのようだ。キドニーグリルは弟分『4シリーズ』のように巨大化されることなく、現行型と同じ形状を維持しつつもわずかに拡大されると予想される。バンパーやヘッドライト形状もリフレッシュされるはずだ。

リアを見れば、テールライトのグラフィックが刷新されている様子が伺える。またバンパーも微かながら変更され、ディフューザーの両側には、クワッドエキゾーストパイプを隠す排気トリムが見てとれる。

撮影された2枚のキャビン内画像には、最新の『5シリーズ』のような新形状のインフォテイメントディスプレイを確認。サイズもワイド化されていることがわかる。さらにインフォテイメントシステム用の最新ソフトウェアがアップデートされることは間違いない。

BWM 8シリーズ カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BWM 8シリーズ カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

そのほか、センターコンソールのHVAC、ラジオコントローラー、ギアセレクタ、カップホルダーなどは現行モデルと同じだが、今後リフレッシュされる可能性もある。

8シリーズ カブリオレ改良新型のデビューは、2022年前半と予想されている。

BWM 8シリーズ カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BWM 8シリーズ カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ