ハーレーダビッドソン、「ライブワイヤー」を独立…フル電動二輪車ブランドに

ハーレーダビッドソンのフル電動二輪車ブランド「ライブワイヤー」のロゴ
ハーレーダビッドソンのフル電動二輪車ブランド「ライブワイヤー」のロゴ全 6 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)は5月10日、フル電動二輪車ブランドとして、「ライブワイヤー(LiveWire)」を立ち上げると発表した。

ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクルが、『ライブワイヤー』だ。モーターは、最大出力100hp、最大トルク11.9kgmを発生する。高電圧バッテリーは、市街地で235km、高速道路で152kmの航続を可能にしている。

ハーレーダビッドソンは、このライブワイヤーを独立したブランドに位置付ける。ライブワイヤーは今後、フル電動二輪車ブランドとして、ラインナップを拡大する計画。最初のライブワイヤーブランドのモーターサイクルは7月9日、国際モーターサイクルショーで初公開される予定だ。

ライブワイヤーはEVに専念し、将来のテクノロジーを開発し、モーターサイクルの変革をリードするために必要な機能に投資する計画だ。ハーレーダビッドソンとライブワイヤーは、それぞれのコアセグメントで業界をリードするために、テクノロジーを共有していく。

ハーレーダビッドソンのフル電動二輪車ブランド「ライブワイヤー」のロゴハーレーダビッドソンのフル電動二輪車ブランド「ライブワイヤー」のロゴ

また、ライブワイヤーは、仮想的に本社を置き、米国カリフォルニア州シリコンバレーとウィスコンシン州ミルウォーキーに最初のハブを置く。販売に関しては、オンラインと対面セールスの2種類とし、顧客が選択できるようにする。米国ではカリフォルニア州を皮切りに、ライブワイヤーの専用ショールームを展開。顧客は没入型で革新的な方法で、ライブワイヤーブランドを体験できるようになるという。

ハーレーダビッドソンのヨッヘン・ツァイツ社長兼CEOは、「ライブワイヤーをフル電動二輪車ブランドとして立ち上げることで、市場をリードする。ライブワイヤーは将来、ハーレーダビッドソンの電動バイクに適用できる技術も開発していく」と述べている。

ハーレー・ライブワイヤーハーレー・ライブワイヤー

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ