次世代の販売形態を開発へ…マセラティと双日、XRなどデジタル技術を活用

マセラティMC20
マセラティMC20全 2 枚写真をすべて見る

双日は5月20日、マセラティ ジャパンと日本国内のマセラティ車販売事業に関する覚書を締結、デジタル技術を活用した次世代型車販形態を共同開発していくと発表した。

近年、デジタル技術の進歩と市場動向の変化により、自動車業界でも販売形態や仕組みが大きく変化している。両社は、仮想世界と現実世界を融合して新たな体験価値を作り出すXR技術や、その他のデジタル技術を活用し、マセラティ車の新たな販売方法やビジネスモデルを共同で検討・開発していく。

双日は、自動車関連分野にて、ラグジュアリーカーやプレミアムカーの販売事業を推進、拡大するとともに、IoTやAIなどの先進デジタル技術を取り入れた機能強化に取り組んでいる。双日の持つ知見やノウハウと、マセラティのイタリアブランドならではの個性を掛け合わせることで、日本国内の自動車業界に次世代の新たな販売形態を導入し、持続的な成長を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ