BMWがスーパーカーを開発!? 謎の「M8」は何を意味するのか

BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)
BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)全 18 枚

2ドア・ラグジュアリークーペ、BMW『8シリーズ』の頂点に君臨する『M8』をベースとした謎のプロトタイプをカメラが捉えた。2020年夏にも8シリーズをベースとする開発車両を目撃したが、それとも異なるコンポーネントが見られ、謎が深まっている。

キャッチしたプロトタイプは、『ビジョンMネクストコンセプト』を彷彿させる赤いアクセント、カーボンファイバーサラウンドを備えるグリルを装備。さらにカーボンファイバースプリッター、独自のフロントフェンダーベント、赤いキャリパーを備えた高性能ブレーキシステム、軽量ホイールも確認できる。またリアクォーターウィンドウの場所にはカーボンファイバー製ベントが装着されている。

BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)
後部では、大型ウィングを装着。F1を想起させる第3のブレーキライト備えるディフューザー、よりスリムなリフレクター、おなじみ4テールパイプエキゾーストシステムなども確認できる。

M8のパワートレインは、最高出力608psを発揮する3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載、コンペティションモデルでは626psまで高められている。このプロトタイプの正体は「M8 CSL」の可能性もあるが、一部報道ではアクセサリーとレーシングパーツのテストとも伝えられている。

M8 CSLだとすれば『M5 CS』の636psを超える700ps程度も期待できるが、果たして。来春までにはその正体も見えてくるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る