トヨタ車体、ターンチルトシートを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2021

トヨタ・ヤリス・ウェルキャブの運転席ターンチルトシート
トヨタ・ヤリス・ウェルキャブの運転席ターンチルトシート全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ車体は、5月26日~7月30日にオンラインで開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に新機能搭載のシート、植物材料を用いた製品、燃料電池流路部品の加工技術などを紹介すると発表した。

今回、全ての人が利用したくなるシートを目指して開発し、メーカーオプションに設定された「ターンチルトシート」を紹介する。シートが回転しながらチルトすることで、立ち上がる際、両足が地面に着くことができ、足・腰への負担を軽減できる。レバーひとつで回転&チルトするため、自身で操作が可能となり、従来の助手席に加え、初めて運転席にも設定することができる。

また、脱炭素社会の実現に向けて開発したパルプや間伐材を利用した木粉、セルロースナノファイバーの性能を紹介するとともに、それらを成形加工した自動車部品などを紹介する。

トヨタ自動車の初代燃料電池車『MIRAI』に採用された燃料電池空気極側の流路部品「3Dファインメッシュ流路」の開発・生産では、トヨタ車体独自の超精密・高速プレス加工技術を用いて3次元的な微細格子構造の連続生産を実現した。今回は120倍の生産性向上を達成した「ロータリー成形工法」を紹介する。

ターンチルトシートのイメージターンチルトシートのイメージ

《レスポンス編集部》

【画像】トヨタ車体、ターンチルトシートを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2021(2枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  5. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  6. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  9. 道の駅かさま、キャンピングカー車中泊スペースにタイムズの予約制駐車場を導入
  10. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
ランキングをもっと見る