BMW S1000R フルモデルチェンジ、スーパースポーツ S1000RR のネイキッド仕様

BMW S1000R
BMW S1000R全 29 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWモトラッドの大型ネイキッドスポーツ『S1000R』をフルモデルチェンジし、6月18日より販売を開始する。

新型S1000Rは、スーパースポーツ『S1000RR』のエンジンやシャシーを受け継ぐスーパーネイキッドスポーツ。S1000RRをベースにしながら、必要最小限の装備のみを採用することで、ダイナミックで俊敏なレスポンスを実現している。

新開発の並列4気筒エンジンは、ベースとなったS1000RRのエンジンより5kg軽量化し、ギア比を最適化。幅広い回転域でより快適な乗り心地を実現するとともに、最高出力165ps/最大トルク114Nmを発揮する。さらに、4、5、6速のギアを最適化(ロングレシオ化)。郊外での走行でも騒音を抑えるとともに、エンジン回転数を制限し、燃費性能を高めている。

S1000RRをベースとした足回りには、フレックスフレーム、吊り下げ式スイングアームを採用した新開発の軽量サスペンションを装備する。フレックスフレーム内に組み込んだエンジン自体により大きな負荷支持機能を持たせることで、フレーム全体をスリム化。自由度が高いリラックスしたライディングポジションを実現する。

BMW S1000RBMW S1000R

機能面では、バンクさせたままブレーキをかける際の安全性を向上させるABSプロ、トラクションコントロール、ウィリー制御機能を装備したダイナミックトラクションコントロール(DTC)などを装備。走行モードは「レイン」「ロード」「ダイナミック」の3種類を設定し、様々な走行条件に適応する。

6.5インチのTFTディスプレイは悪条件下でも高い視認性を備え、ライダーの目的に応じて表示内容をカスタマイズ可能。通常の公道走行に必要な情報はもちろん、バンク角度や減速度、トラクションコントロールの状況なども表示できる。ハンドルにあるマルチコントローラーで操作でき、安全性を損なうことなく必要な情報にアクセスできる。

BMW S1000RBMW S1000R

また、新型LEDヘッドライトおよびLEDライトユニットを標準装備。ロービームとハイビームを備えたメインヘッドライトや、新デザインのターンインディケーター、テールライトにもLEDを採用することで、夜間走行時の安全性を確保する。リヤターンインディケーターはS1000RRと同じものを装備。テールライトおよびブレーキライトの機能を備える。

価格は178万円から235万円。

BMW S1000RBMW S1000R

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  9. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る