BMW 1シリーズ、ACCを含むコンフォートパッケージを標準装備化

BMW 1シリーズ
BMW 1シリーズ全 1 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、コンパクトモデル『1シリーズ』にコンフォートパッケージを標準装備化し、6月1日より新価格で販売を開始した。

追加で標準装備となったのは、アクティブクルーズコントロールやオートマチックテールゲートオペレーション、電動フロントシート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付)。またエントリーグレード「118i」もドライビングアシストが標準装備となり、安全性と快適性を向上させた。

デザイン装備では、BMWインディビジュアル アルミニウムラインを新たに全車標準装備。また、「プレイ」「プレイ エディション ジョイ+」には、イルミネーテッドベルリンインテリアトリムが標準装備として加わり、より高いデザイン性を実現している。

価格は362万円から641万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ