東京メトロ半蔵門線に新型車 18000系…明るいパープル[詳細写真]

東京メトロ半蔵門線に新型車 18000系
東京メトロ半蔵門線に新型車 18000系全 41 枚写真をすべて見る

東京地下鉄(東京メトロ)は、半蔵門線に新型車両「18000系」を2021年度上半期より順次、導入する。インテリアは半蔵門線のラインカラーの色彩に同調させることで、明るさや活気を感じさせる車内空間をめざした。

ラインカラーのパープルを基調に、床から天井に向かって明るい色になるようにトーンオントーンの配色を採用した。座席には消臭、抗菌、抗ウイルス加工が施された表地を採用し、幅を従来の8000系の430mmから460mmに拡大した。また連結面ドア、座席横の仕切り、および荷棚に透明な強化ガラスを採用し、車内の開放感を高めた。先に発表された有楽町線・副都心線向けの17000系と同様、全車両にフリースペースを設置した。

18000系では車両とホームの段差を8000系と比べて低減した。車両床面の高さを1200mmから1140mmに設定し、ドア出入口下部の形状をホーム側に傾斜させた。フリースペース付近のドアのレールには切り欠きを施し、車いすやベビーカーの利用者の乗降性を向上させた。これらの施策も17000系と同様だ。

18000系の乗務員室の機器配置は相互直通他社(東武、東急)の車両と共通化を図っている。1運転台あたり3台のモニタ表示器を搭載しており、通常はメーター画面とTIS(車両情報管理装置)モニター画面を表示する。残り1画面は他のモニター表示器故障時のバックアップだ。

東京メトロ18000系(6月2日内覧会)東京メトロ18000系(6月2日内覧会)

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ