BMW 7シリーズ 次期型、タッチセンサー付きハンドル&湾曲デュアルディスプレイをスクープ

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 20 枚写真をすべて見る

BMWが開発中のフラッグシップ・4ドアサルーン『7シリーズ』次期型の室内を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

室内を撮影したのはこれが初めてではないが、以前のスパイショットでは内部がほとんど隠されていたほか、多くのコンポーネントが現行型から流用されたテストラバだった。しかし今回は最終市販型にかなり近いものだ。

最初に気づくのは、『iX』と『i4グランクーペ』のセットアップに似たサイドバイサイドスクリーンだ。これら2台のフルエレクトリックモデルでは、デジタルインストルメントクラスタのサイズは12.3インチで、iDrive8が搭載される14.9インチの大型タッチスクリーンインフォテイメントが付属する。おそらく7シリーズ次期型でも同様のレイアウトになるだろう。

ステアリングホイールも非常に興味深く、下部に「M」バッジを備える金属製スポークが見てとれる。断言はできないが、側面のスポークにはタッチセンサー式のコントロールが組み込まれている可能性がある。iDriveコントローラーをホストする下部センターコンソールエリアには従来のシフトセレクターを備えていない。この他にもiXに倣った変更が加えられそうだ。

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
7シリーズ次期型は、2021年9月にミュンヘンで初開催予定の「IAA」(国際モーターショー)でのワールドプレミアが予想されており、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド、及びフルエレクトリックパワートレインで提供されることが濃厚だ。

またBMWは1986年に発売された「E32型」第2世代以降、すべてのモデルにV型12気筒エンジンを搭載してきたが、ついに終焉を迎えることになりそうだ。最上級レンジを求める顧客は最高出力650ps以上を発揮する『i7 M60』へ移行することになるだろう。i7 M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による後続は400マイル(644km)を超えると思われる。またRWDの「i735d」と「i740」を除いてファミリーすべてのモデルは全輪駆動「xDrive」を搭載する。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】BMW 7シリーズ 次期型、タッチセンサー付きハンドル&湾曲デュアルディスプレイをスクープ(20枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  4. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  8. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  9. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る