【スバル フォレスター 改良新型】基本性能を備えたTouring、シートヒーターなどを標準装備[詳細画像]

スバル フォレスター 改良新型(Touring)
スバル フォレスター 改良新型(Touring)全 24 枚写真をすべて見る

改良新型『フォレスター』では、フロントバンパーやグリル、ヘッドランプなどをリニューアルし、「新世代アイサイト」などの先進技術を採用している。写真は基本性能を備えたスタンダードモデルの「Touring」。

シート素材には撥水性能の高いものを採用

スバル フォレスター 改良新型(Touring)スバル フォレスター 改良新型(Touring)写真をすべて見るTouringのフロントグリルはダークメタル塗装で、オプションのルーフレールはブラック塗装となっている。ボディカラーはフォレスターのタフなイメージをより強めるアースカラーなど、新色3色を追加した最大10色から選ぶことが可能。

ボディサイズは全長4640×全幅1815×全高1715mm、ホイールベースが2670mm。タイヤサイズは225/60R17で、ダークメタリック塗装のTouring用17インチアルミホイールを採用している。

インテリアは、基本造形はそのままに、各グレードのキャラクターに応じた様々なマテリアルを組み合わせて質感と実用性を向上した。Touringでは、撥水ファブリックシートを採用。カラーはTouring専用のグレー/ブラックの2トーン仕様とし、ステッチにはシルバーを用いた。運転席と助手席のシートヒーターは標準装備となっている。

アダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」を搭載

スバル フォレスター 改良新型(Touring)スバル フォレスター 改良新型(Touring)写真をすべて見る同社独自の4輪駆動システム「シンメトリカルAWD」に加えて、2モードの走行モードを選択可能な「X-MODE」を搭載し、本格的な悪路走行性能を備える。

Touringでは、2.0リットル DOHC直噴エンジンとモーターを組み合わせた「e-BOXER」を設定。最高出力117kW、最大トルクは253Nmを発揮。燃費性能はWLTCモードで14.0km/リットルとなっている。

トランスミッションは、全グレードで無段変速機「リニアトロニック」が採用されている。このほか、従来型ではX-BREAKのみに搭載していたアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」を今回の改良でTouringにも搭載した。

「ジェスチャーコントロール機能」を追加

スバル フォレスター 改良新型(Touring)スバル フォレスター 改良新型(Touring)写真をすべて見る改良新型フォレスターでは「ドライバーモニタリングシステム」に、視線移動を抑え、スイッチに触ることなく、ジェスチャーでエアコンの温度設定を変更できる機能を追加。このほか、「新世代アイサイト」を搭載したことで画角が従来型比で約2倍になるなど、安全性能がさらに向上した。

《保知 明美》

【画像】【スバル フォレスター 改良新型】基本性能を備えたTouring、シートヒーターなどを標準装備[詳細画像](24枚)
スバル フォレスターの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  6. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  9. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  10. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
ランキングをもっと見る