マセラティ グラントゥーリズモ 次世代型を完全スクープ!初のEVは600馬力オーバーか

マセラティ グランスーリズモ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
マセラティ グランスーリズモ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 11 枚写真をすべて見る

マセラティが6月に公式リークした『グラントゥーリズモ』の次世代型プロトタイプ。今回スクープサイト「Spyder7」では、その実車をより鮮明に撮影することに成功した。

プロトタイプ車両は依然としてディティールが隠されているが、初めて上からの撮影に成功。ルーフやリアウィングの形状がわかるほか、『MC20』との共通性を感じさせる新しいヘッドライトを装着していることも確認できる。また同ブランド特有のワイドグリルや、コーナーに押し出された大型エアインテークなどが見てとれる。現行型よりラウンドしたフロントエンドが予想される。

最大の進化は、V型8気筒自然吸気エンジンからフルエレクトリック(EV)パワートレインへの移行だろう。グラントゥーリズモは2007年に4.2リットルのフェラーリ製エンジンを搭載し発売、その後4.7リットルに拡大された「グラントゥーリズモ S」を設定しているが、このフルモデルチェンジでは大きな転換期となりそうだ。

マセラティ グランスーリズモ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)マセラティ グランスーリズモ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
マセラティ初となるEVは、イタリア語で「稲妻」を意味する「Folgore」と名付けられたドライブトレインが初めて採用される。フロントアスクルに1つ、リヤアスクルに2つのトリプルモーターを搭載するAWDとなる。リヤモーターは個別に出力、及びトルク管理を可能とし、アクティブトルクベクタリングを実現する。最高出力はガソリンより強力で、600ps以上は確実とみられている。

グラントゥーリズモのワールドプレミアは2021年内と予想され、派生オープンモデルの「グランカブリオ」は2022年内のデビューが期待されている。2021年内には新型SUV『グレカーレ』も発表予定で、2024年までには16台の新型モデルが登場予定となっている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】マセラティ グラントゥーリズモ 次世代型を完全スクープ!初のEVは600馬力オーバーか(11枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?
  2. インテグラ、5ドアで復活…2022年にアキュラが米国発売予定
  3. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  4. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  5. VW ゴルフRワゴン 新型、320馬力ターボ搭載…受注を欧州で開始
  6. トヨタ タンドラ 新型に「TRDプロ」…最大トルク80.6kgmのハイブリッド搭載
  7. ロールスロイス、新型EV発表へ…9月29日
  8. VWやメルセデスベンツなど輸入車ブランド、強気の値上げラッシュ[新聞ウォッチ]
  9. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  10. レンタル専用キャンピングカー、いすゞ新型シャーシ採用…アソモビ2021でNTBが公開へ
ランキングをもっと見る