水冷Vツイン搭載、ハーレー スポーツスターS 予約受注開始…価格は185万8000円より

ハーレー スポーツスターS
ハーレー スポーツスターS全 30 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は、水冷エンジン搭載の新型『スポーツスターS』(Harleydavidson Sportster S)を今秋より発売。予約受注を7月14日より開始した。価格は185万8000円より。

スポーツスターSは、新開発の1252cc水冷60度Vツインレボリューションマックス1250Tエンジンを搭載する。基本設計は今春デビューのアドベンチャーツーリング『パンアメリカ』シリーズと同じだが、低中回転域でのトルクを高めた他、ピストンや吸気系の形状を変更。発進時の素早い加速や中速域での力強い走りなど、スポーツスターに相応しい味付けとなっている。

ハーレー スポーツスターSハーレー スポーツスターS
また、フロントフレーム、ミッドフレーム、テールセクションをパワートレインに直接ボルトで固定。従来のフレームを排除し、車重を軽減しながらも剛性の高いシャシーを実現し、加速、ハンドリング、ブレーキ性能も向上させている。

シート高は755mmのロースタイル、17インチのマッシブなフロントタイヤは、フェンダーのないクラシックなボバーカスタムを彷彿とさせる。テールセクション、ハイマウントのマフラー、スリムなソロシート、フルLEDのオーバルヘッドランプ、バーエンドミラー等が、都会的でパワフルなスタイリングを強調。サイドビューでは、チョコレートサテン仕上げの軽量マグネシウム製エンジンカバーが目を引く。

スポーツスターSは、すべてのメーターとインフォテインメント機能を集約する4インチ丸型TFTスクリーンを搭載。無反射ガラスカバーを採用し、あらゆる条件下で見やすく設計されている。4インチ丸型TFTスクリーンでは、タイヤ空気圧、エンジン温度と油圧、バッテリー電圧をモニタリングできるほか、ライドモードの選択が可能。パフォーマンスライディングを実現する「スポーツモード」、日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レインモード」に加え、自分好みにアレンジ可能な「カスタムモード」も2つ登録できる。このほか、クルーズコントロール機能、Bluetooth接続によるスマートフォンやヘッドセット等との連携機能も搭載する。

ハーレー スポーツスターSハーレー スポーツスターS
さらに、6軸の慣性計測ユニット(IMU)で走行時のリーンアングルを自動計測し、電子介入によりライダーの安全をサポート。緊急ブレーキ時のコントロールを支援するコーナリングABS (C-ABS)、加速時に後輪が過度に空転するのを防ぐコーナリングトラクションコントロールシステム(C-TCS)、過度のエンジンブレーキによる後輪スリップを抑制するコーナリングエンハンストドラッグトルクスリップコントロールシステム(C-DSCS)等、最新技術も搭載する。

なおHDJでは、スポーツスターSのデビューを祝う「レボリューションデイ」を7月18日(9時~15時)、バイカーズパラダイス南箱根で開催。日本に1台だけの「スポーツスターS 日本モデル プロトタイプ」を一般公開する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. パナソニック、カーナビステーション『ストラーダ』を一新…より高精細に、より高性能に
  10. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
ランキングをもっと見る