BMW M2クーペ 新型プロトタイプをニュルで再び目撃…どう進化する?

BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)全 11 枚

BMWは7月8日、コンパクト2ドアクーペ『2シリーズ』(220i/M240i)を発表したばかりだが、その頂点に君臨する『M2クーペ』新型の最新プロトタイプをニュルブルクリンクで捉えた。

高速テストを行なっていたとみられる最新プロトタイプは、より大径のホイールやワイドなタイヤを収めるフレア加工されたフェンダーを装備。短いオーバーハングと組み合わされ、「E87」世代の『1シリーズ Mクーペ』を彷彿させる力強いスタンスが見てとれる。

また生産型と思われるホイール、リアにはMブルーで塗装されたクロスドリルブレーキローターとキャリパーを備えている。そして後部には『M3セダン』/『M4クーペ』と同様の大型の円形クワッドエキゾーストパイプをインストール。トランクリッドスポイラーもより際立っている。

M2クーペは「CLAR」プラットフォームを採用、心臓部にはM3セダン、およびM4クーペに搭載されている3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンのデチューンバージョンを搭載予定だ。アップデートされた最新情報によると、2シリーズクーペ新型に設定された高性能「M240i」では、最高出力374psを発揮するが、M2クーペでは最高出力450ps、最大トルク542Nmという圧倒的パワーを発揮するという。

BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

駆動方式は後輪駆動のみと噂される。トランスミッションはデュアルクラッチ(DCT)にくわえ、6速マニュアルトランスミッションも期待できそうだ。

2シリーズクーペ新型のデビュー時期を考えると、M2クーぺのワールドプレミアは、早くとも2022年夏以降となる見通し。生産は2022年12月に始まり、2029年に終了と予想される。

BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る