スバル BRZ 新型、2.4リットルボクサー4は最大出力228馬力…今秋米国発売へ

ワイド化されたヘキサゴングリル

トラックモードを選択するとメーターが専用表示に

最新の「アイサイト」

新開発のアクティブサウンドコントロール

スバル BRZ 新型(米国仕様)
スバル BRZ 新型(米国仕様)全 25 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)の米国部門は7月22日、新型『BRZ』を今秋、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、2万7995ドル(約310万円)だ。

ワイドになったヘキサゴングリル

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

エクステリアには、より低く、よりワイドなヘキサゴングリルをフロントに採用した。このフロントグリルが低重心を強調するとともに、グリルから始まり後方へ連なる造形で、体幹の力強さを表現しているという。

また、絞り込んだキャビンと力強く張り出したフェンダーにダイナミックな抑揚を持たせた。サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方に配したエアアウトレットなどが、デザインにアクセントをもたらす。同時に、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出すために、空力アイテムを多く採用している。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

新型BRZの米国仕様のボディサイズは、全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mm。ホイールベースは2575mmとした。

トラックモードを選択するとメーターが専用表示に

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

インテリアは、シンプルな水平基調のインストルメントパネルや低く設置したメーターバイザーにより、広い視界を確保した。7インチのTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用しており、必要な情報をわかりやすく表示する。左側のタコメーターの横には、プログラム可能なメーターを配置しており、電圧、水温、Gを表示できる。「トラックモード」を選択すると、タコメーターは円形からカラー表示の線形グラフに切り替わる。

高さ調節可能なヘッドレストを備えたパフォーマンス仕様のフロントシートを標準装備した。「リミテッド」グレードのフロントシートは、レッドレザーのアクセントが付いた「Ultrasuede」仕上げとし、デュアルモードのシートヒーターコントロールが備わる。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

ステアリングホイールには、オーディオ、クルーズコントロール、Bluetoothのコントロールスイッチが付く。ステアリングホイール、シフトレバー、パーキングブレーキは革巻きで、赤いステッチが施された。インストルメントパネルのバイザーとドアトリムには、ヌバック素材の「BRINNAUB」を使用している。

Apple 「CarPlay」とグーグル「Android Auto」に対応した8インチ「SUBARU STARLINK」マルチメディアインフォテインメントシステムを採用する。スマートフォンのような、直感的な使い勝手と操作感を可能にする。コネクティッドサービスの「SUBARU STARLINK Safety and Security」を採用した。Bluetoothハンズフリー電話接続とオーディオストリーミング、リアビジョンカメラ、「SiriusXM」を含む統合型センター情報ディスプレイを備えている。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

最新の「アイサイト」

初代モデルから排気量を拡大した新開発の直噴2.4リットル水平対向4気筒ガソリン自然吸気「D-4S」エンジンを搭載する。吸排気性能の強化とフリクション低減によって、トルクを15%向上させた。米国仕様の場合、最大出力228hp、最大トルク25.4kgmを引き出す。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

トランスミッションはクロスレシオの6速MTと、「ダイレクトコントロール」と呼ばれるパドルシフト付きの6速ATだ。AT搭載車では、SPORTモードの制御が進化した。車両がスポーツ走行中と判断した場合、ドライバーの意思や操作に応じて、最適なシフト操作を自動的に行い、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能にするという。

先進運転支援システムの「アイサイト」の最新版を、AT車に標準装備した。プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付きクルーズコントロール、車線逸脱とふらつき警告、先行車両発進アラートなどをセットした。AT車には、ハイビームアシストが用意される。高張力鋼板の採用拡大などにより、ボディを強化している。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

新開発のアクティブサウンドコントロール

新型では「スバルグローバルプラットフォーム」の開発から得たノウハウを取り入れ、インナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用し、ボディを再構築することで、初代モデルに対しフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%引き上げた。ステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きを実現するとともに、旋回時のトラクション性能を向上させているという。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

新型ではルーフ、フード、フロントフェンダーの素材に軽量なアルミを採用した。エンジン出力や安全性の向上に伴う重量増を抑制すると同時に、前後左右重量の適正化やさらなる低重心化を図っている。トルセンLSDを標準装備。18インチアルミホイール装着車には、215/40R18サイズのミシュラン「パイロットスポーツ」タイヤを装備している。

新型には、タイヤ空気圧監視システム「TPMS」を標準装備しており、2セットのホイールをID登録できる。新開発のアクティブサウンドコントロールは、キャビン内のエンジンサウンドを、よりスポーティに演出する。運転席ニーエアバッグも標準装備されている。

スバル BRZ 新型(米国仕様)スバル BRZ 新型(米国仕様)

《森脇稔》

【画像】スバル BRZ 新型、2.4リットルボクサー4は最大出力228馬力…今秋米国発売へ(25枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  4. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  7. 低燃費と経済性に優れたスタンダードタイヤ、横浜ゴム「ブルーアース-Es ES32」発売
  8. トヨタのミニバン、エスクァイア が生産終了…7年の歴史に幕 12月
  9. スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]
  10. 水素カローラ出力アップ、タイムも飛躍的向上…スーパー耐久 第5戦
ランキングをもっと見る