フォードモーター、次世代EV向けバッテリーを研究開発…グローバル拠点設立へ

フォードモーターが米国ミシガン州に設立する「フォード・イオンパーク」の完成イメージ
フォードモーターが米国ミシガン州に設立する「フォード・イオンパーク」の完成イメージ全 4 枚

フォードモーター(Ford Motor)は7月27日、次世代EV向けバッテリー技術の研究開発と生産を行う新しいグローバル拠点、「フォード・イオンパーク」を米国ミシガン州に設立すると発表した。

フォードモーターは、EVのラインナップを拡大している。すでに、フォード『マスタングマッハ-E』を欧米で発売。2021年後半には、商用EVのフォード『E-トランジット』、2022年春には電動ピックアップトラックの『F-150ライトニング』の発売を控えている。

2022年に開業予定のフォード・イオンパークでは、次世代EV向けのバッテリーの開発と生産を行う。フォードモーターは2025年までに、電動化に総額300億ドルを投資する計画だ。米国ミシガン州をEVの世界中核拠点にする新たな取り組みを進めている。

フォードモーターは既存の27万平方フィートの施設を改修し、フォード・イオンパークを設立する。最大200人のエンジニアが働き、バッテリーの設計や製造を手がける予定だ。

フォード・マスタング・マッハEフォード・マスタング・マッハE

フォードモーターは、フォード・イオンパークがバッテリー開発プロセスをスピードアップし、さらに高性能で手頃なバッテリーを提供する、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. 土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌
  3. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  4. トヨタ カローラクロス、欧州発表…日本と異なるフロントマスク
  5. 自動車衝突安全技術を採用した自転車ロック、アイシン高丘が開発 12月10日より先行予約
  6. ハーレー最後の空冷スポーツスター? 日本限定『フォーティーエイト ファイナルエディション』発表
  7. デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
  8. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  9. 【メルセデスベンツ EQA 新型試乗】航続距離は422km。普通に使える感じはするけれど…中村孝仁
  10. 旧車ファン、2割は個人売買で購入…最多価格帯は「201万~500万円」
ランキングをもっと見る